放射線科医の疲れ目に配慮した液晶モニター用間接照明を発売

@Press / 2016年4月7日 16時0分

読影室向け間接照明 RadiLight
EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、読影室向け間接照明 RadiLightを2016年4月15日に発売します。
価格はオープン。オープン価格の製品は標準価格を定めていません。


放射線科医が、患者の検査画像から病状を読み取り診断する読影室では、照度を一定に保つために、カーテンを閉めたり、照明を消した状態で、読影作業を行う場合があります。これは、太陽光や室内照明がモニター画面に映り込むことにより、表示画像の見え方が変化することを防ぐためです。

このような暗い環境で明るいモニター画面を見続けていると、目の負担が増える、あるいは、手元の書類やキーボードが見えにくいという問題がありました。

今回発売するRadiLightは、液晶モニター背面に簡単に取り付けできる照明キットです。背面の壁を照らすことで室内の明るさを確保しながらも、モニター画面への映り込みが無いため、読影作業の妨げになりません。
また、適度な明るさで作業ができるため、目への負担軽減が期待できます。

さらにRadiLightには、書類の読み書きやキーボード操作時に手元を照らすスポットライトも付属しています。

・RadiLightの製品情報
http://www.eizo.co.jp/products/ac/radilight/index.html

2016年4月15日(金)~17日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2016 国際医用画像総合展(ITEM 2016)」で当製品を展示します。

・出展詳細
http://www.eizo.co.jp/event/pr/medical/item2016.html


【お客様からのお問い合わせ先】
EIZO株式会社 営業1部 メディカル課
TEL   : 03-5715-2014(代)
FAX   : 03-3458-7001
Webサイト: http://www.eizo.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

RadiLight 点灯イメージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング