【ジュネーブ2012】"速さ"と"見た目"を追求! マンソリーチューンの「アヴェンタドール」

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年3月9日 14時30分

【ジュネーブ2012】"速さ"と"見た目"を追求! マンソリーチューンの「アヴェンタドール」

Filed under: クーペ, ジュネーブモーターショー, ランボルギーニ, アフターマーケット, パフォーマンス, ラグジュアリー


6日に開幕したジュネーブモーターショーで、ドイツのチューニングメーカー、マンソリーは、ランボルギーニ「アヴェンタドール」のチューニングモデルを発表した。
同車が同じくジュネーブで発表したマクラーレン「MP4-12C」のチューニングモデルと比べると、エクステリアにあまり変更が加えられていない印象だが、ボンネットにエアインテークが追加され、フェンダーをワイド化、さらに下方のインテークをより大型化し、尖ったデザインにしている。また、特に目に留まるのがカーボンファイバーで、インテーク、Aピラーの根元からルーフ、リアエンジンカバー、ウィングやリアディフューザーに至るまで惜しげもなく使われている。その最高出力は764ps、最大トルクは76kgmを誇り、0‐100km/h加速はわずか2.8秒ということだ。

1台限定の特別モデル「アヴェンタドールJ」がすでに売約済みである今、市場に出回るアヴェンタドールの中では、最もワイルドな存在となりそうだ。

Gallery: Mansory Lamborghini Aventador LP700-4 Geneva 2012 Photos



By Jonathan Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング