【レポート】日本にも欲しい! ラスベガスの新サービス、「二日酔い救助バス」とは?

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年4月13日 6時0分

【レポート】日本にも欲しい! ラスベガスの新サービス、「二日酔い救助バス」とは?

Filed under: その他, 特別/限定版


ラスベガスに行けば誰もが目いっぱい遊びまわりたいものだ。しかし、つい飲み過ぎて"死にそう"な気分になってしまったら、せっかくの休暇も台無し。あっと言う間に二日酔いが治る万能薬はないものか――? 今回は、そんな人にぴったりの巡回バスサービスをご紹介しよう。
バスの名前は「ハングオーバー・ヘブン(二日酔い天国)」。ハードロック、パリス、ベラッジオ、コスモポリタンなどの主要ホテルを巡回し、希望者に水分補給とビタミンたっぷりの点滴注射をしてくれる。わずか45分後には、「もう一杯飲みに行こう」と元気が回復すること間違いなしだ。バスまでたどり着けないほど辛い思いをしている人は、ホテルの部屋で点滴サービスを受けることもできる。点滴のお値段は150ドル(約12,000円)から。通常の栄養ドリンクや頭痛薬と比べると割高だが、"地獄"から1時間足らずのうちに脱出できるのだから、納得の価格と言えるだろう。もちろん、すべての薬剤と医療器具は米食品医薬局(FDA)の認可を受けている。

このバスの利用者の声が届いているので、半信半疑の人は是非、ビデオをご覧いただきたい。ただし、本当に地獄に落ちてしまったら奇跡は起きないので、お酒はほどほどに!

Gallery: Las Vegas Hangover Bus Photos



<関連動画はこちら>

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング