日産、スーパーチャージャー付き直噴ミラーサイクル・エンジン搭載の新型「ノート」を発表

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年7月16日 21時0分

日産、スーパーチャージャー付き直噴ミラーサイクル・エンジン搭載の新型「ノート」を発表

Filed under: ビデオ, コンパクトカー/エコノミー, 日本, ハッチバック, グリーン, 日産, ニューモデル, モデルチェンジ


日産は16日の「海の日」に、横浜大さん橋で新型グローバル・コンパクトカー発表イベントを開催。日本では次期型「ノート」として9月から発売される。
フロント・ドアからリア・フェンダーに向けて大胆に入れられたプレス・ライン(「スカッシュライン」と呼ぶらしい)が特徴の新型「ノート」は、クラス・トップの低燃費と広く快適な室内空間が自慢。

注目のパワーユニットは1.2リッター直列3気筒直噴ミラーサイクル・エンジンにスーパーチャージャーで過給した「HR12DDR」型エンジン。吸気バルブを閉じるタイミングを遅くして膨張比を大きくするというミラーサイクルを採用し、熱効率を高めるとともに、高効率なスーパーチャージャーによって1.5リッター・エンジン並みのトルクを発揮するというこのエンジンは、マツダの「デミオ 13-SKYACTIV」を凌ぐ25.3km/リッター(JC08モード)という低燃費を記録したという。なおこのルーツ式スーパーチャージャーは電動のON/OFFクラッチを備え、穏やかな運転をしているときには過給をカット、加速が欲しいときにONにすることで、ストレスを感じさせない力強さと燃費性能を両立しているそうだ。新型ノートにはこのエンジンの他に、「マーチ」で採用されている自然吸気「HR12DE」型を搭載するモデルも用意される。トランスミッションには全車、副変速機付エクストロニックCVT(無段変速)が組み合わされる(ということはつまり、MTの設定はないようだ)。もちろんエコカー減税の対象で、HR12DDR搭載車は自動車取得税および自動車重量税が免税、HR12DE搭載車は75%減税となる。



また、この新型ノートは、これまで「上質」を売りにしていたクラス上の「ティーダ」の顧客もカバーすることになるそうで、質感の高いスエード調クロスと合皮のコンビ・シートや、コンパクト・クラスでは初めて設定されるアラウンドビューモニターを標準装備した「MEDALIST」という最上級グレードが用意されることも発表された。

気になる価格やスペックなどの詳細については、「もう少し後に発表」とのこと。タイで生産されるマーチと異なり、日本市場向け新型ノートは、日産自動車九州で年間12万台の生産を予定しているそうだ。

低価格ハイブリッドカーを持たない日産が放つ「第3のエコカー」は、スーパーチャージャーによる「走り」と「実燃費」に期待が持てるかも。「フィット」や「アクア」を相手にどれだけ健闘するだろうか。興味を持たれた方は、以下の「紹介ビデオ」を是非どうぞ。

<関連動画はこちら>

Gallery: New Nissan Note



【PR】新型ノートの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べてみよう!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング