【ビデオ】007の新作監督がアストンマーティン「DB5」の復活について語る!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年7月26日 13時20分

【ビデオ】007の新作監督がアストンマーティン「DB5」の復活について語る!

Filed under: ビデオ, クーペ, 有名人, アストンマーチン, ラグジュアリー, クラシック


この冬に公開予定の映画『007 スカイフォール』に、あの伝説のボンドカー、アストンマーティン「DB5」がカムバックする。今回ご紹介するのは、新作の撮影秘話と共にDB5が紹介されている映像だ。
『007 スカイフォール』のメガホンを取るのは、『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督。ビデオではメンデス監督と、歴代のボンド映画で製作を務めてきたマイケル・ウィルソンが、思い出話も交えてDB5について語っている。

007の最近シリーズでは2006年公開の『007/カジノ・ロワイヤル』にDB5が登場しているが、その登場シーンは非常に限られていた。一方、今回の新作ではDB5が正真正銘のボンドカーとして活躍する。しかも、そのナンバープレートの番号は、DB5が初登場した1964年公開の『007/ゴールドフィンガー』と同じ。ただし、新作の撮影で使用されたのは、64年に使用されたオリジナルモデルはない。多くの歴史が語り継がれるオリジナルモデルは、惜しくも1997年に米フロリダ州ボカラトン空港で盗難にあっているからだ。

DB5のスクリーン復活が待ち遠しいばかりだが、日本での公開予定は12月1日。それまでは、リンクのビデオでその姿を楽しんでほしい。


<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 アストンマーティンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

【関連記事】

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング