【レポート】ホンダ社長会見から

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年9月21日 19時30分

【レポート】ホンダ社長会見から


本日、9月21日、HONDA青山本社でホンダの中長期の取り組みについての社長会見が行われた。
席上、伊東孝紳社長は、2010年に「良いものを早く、安く、低炭素でお客様にお届けする」という「次の10年の方向性」を定め、ホンダ独自 の技術や知恵・工夫で魅力的な商品を具現化し、「買って良かった」と喜んでいただけることに、全力で取り組んできたこと。また、パーソナルモビリティー メーカーとして、CO2の大幅低減に向けた取り組みも積極的に展開してきこと述べ、昨年は、東日本大震災とタイの洪水の影響により、全世界での生産停止、 未曾有の円高や電力不足などへの対応を余儀なくされたが、そこから素早く立ち直り、今では、現在では攻めに転じる段階に入ることができている現状を説明 し、「創業以来、技術で多くの人々の生活をより便利に、より豊かにしていきたいという想いで、数々の商品を届けてきた結果、昨年度は、二輪車で1,500 万人、汎用製品で580万人、四輪車で310万人、合計で2,390万人を超えるお客様と喜びを分かちあうことができ、次の中期計画の最終年度となる 2016年度には、二輪車、汎用製品、四輪車をあわせて、全世界で3,900万人を超えるお客様と出会い、喜びのさらなる拡大を目指す」と発表した。

二輪事業では、引き続き拡大が見込まれる新興国市場でのさらなる成長を原動力とし、今後も積極的に事業を展開し、アフリカや中南米諸国などの新成長市場にも 参入し、2016年に世界中で2,500万台の二輪販売台数を目指すこと。また、大型二輪車については、New Midシリーズに続き新しいコンセプトの大型モデルを投入する。来年1月開催のダカールラリーへの24年ぶりのワークス参戦すること。MotoGPマシン の技術をフィードバックしたスーパースポーツバイクの開発に着手したことを発表した。

さらに、汎用パワープロダクツ事業の展開にも触れ、発電機、耕運機、芝刈り機、除雪機、船外機など、ライフステージのあらゆるシーンに役立つチカラを提供してきたこと。今後は、様々な製品の電動化や知能化による新たな商品開発を展開するとともに、コージェネレーションユニットを将来の創エネルギー技術の中核と位置づけ、さらに力を入れていくと述べた。

四輪事業では、競争力のあるコストで、ベストな仕様を実現する【グローバルオペレーション改革】を、【6地域同時開発】【現地最適図面】【生産効率向上】の 取り組みで推進していき、2013年から発売する新型フィット(ジャズ)シリーズで推進しています。それぞれに個性のちがう、フィット(ジャズ)、シ ティ、小型SUVを、2年以内にグローバルで展開すること、内外での生産体制や発表し、それにより、成熟市場では、昨年度の約206万台から300万台以 上へ、新興国市場でも、昨年度から倍増の300万台以上に拡大することによって、2016年度に、全世界で600万台以上の販売を目指すとこと。

また、現在国内で大人気のNシリーズ第三弾N-ONEを11月に発売し、それを皮切りに、今後2015年までに、新たに軽自動車を6モデル追加し、マーケッ トでの圧倒的な商品力によりホンダのプレゼンスを飛躍的に高めていき、次世代スーパースポーツNSXに加え、日本において、今後投入予定の軽自動車6 モデルの1つとして、アグレッシブな走りを実現するオープンスポーツカーを2014年に発売するとも発表した。

その他、北米、欧州、アジアでの製品展開、ハイブリッドやプラグインハイブリッド、バッテリーEV、高いハンドリング性能を実現する世界初の新技術「プレシジョン・オール・ホ イール・ステア」を搭載したAcuraのラグジュアリー・フラッグシップセダンである新型RLX11月のロサンゼルス・オートショーで初公開することも明らかにした。

ホンダの現状と今後に望む攻めの姿勢が二輪、四輪とも鮮明に謳われた今回の社長会見であった。
また、この様子と詳細は、Honda News Channelで見ることができる。

USTREAM公式:Honda News Channel / 2012年9月21日 社長会見

【PR】NSXの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

【レポート】ホンダ社長会見から

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング