【ビデオ】フェラーリ、「エンツォ」後継となる限定生産モデルのカーボン製シャシーを公開

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年9月28日 8時0分

【ビデオ】フェラーリ、「エンツォ」後継となる限定生産モデルのカーボン製シャシーを公開


フェラーリは27日、開幕したパリ・モーターショーにおいて、「エンツォ」の後継となる次期限定生産スペシャル・モデルに使われるカーボンファイバー製シャシーを公開した。
フェラーリが創立40周年を記念して1987年に発表した「F40」から、1995年の「F50」、そして2002年に登場した「エンツォ」と、数年の期間を空けながら時折発表される少量限定生産のスペシャル・モデルは、限られた顧客のみしか手に入れられないとはいえ、世の中にその数百万倍はいるであろうスーパーカー・ファンにとっても大変気になる憧れの対象だ。その理由は、イタリアの名門レーシング・チームがF1マシンを開発する過程で培った、量産市販車には応用が利かない最先端の技術も、これらの少量限定生産スーパーカーには存分に使われるから。いわば、年間20レースを戦うために数台だけ造られる「F2012」などのF1と、1年に千台規模で生産されている「F12ベルリネッタ」などのロードカーとの、技術的にも生産台数的にも間に位置するモデルというわけだ。マニアはそれをイタリア語で「フェラーリ・スペチアーレ(特別なフェラーリ)」と呼ぶ。



2004年にエンツォの生産が終了して今年で8年。その後継車として2013年の登場が噂される "次期スペチアーレ" は、これまで通り、現代F1テクノロジーが惜しみなく投入されたモデルになるであろうことが予想される。彼らによってそれは既に、F1で使われている「KERS」のようなシステムが搭載された「フェラーリ初のハイブリッド」になることが公表されているが、それ以外のことについては、ほとんどまだ不明。最近では公道でテスト中の姿も目撃されており、フロント寄りのキャビンと後ろに遠く離れた後輪を持つプロポーションから、おそらくV型12気筒のように長いエンジンを縦置きミドシップ・マウントするであろうとの推測がなされている。

そして今回、フェラーリはまず、そのカーボンファイバー製シャシーを、現行市販モデルの数々とともにパリ・モーターショーに出展。同時にビデオを公開した。



フェラーリによればそれは「限定版のスペシャル・シリーズとして生産される新型ハイブリッド・モデルのために、シングル・シーター(もちろんフォーミュラ・マシンのこと)の開発で培って来た複合素材に関する膨大な経験をもとに設計した」ものであるという。

フェラーリはこのシャシーを開発するにあたり、「自動車業界で標準的に用いられているRTM(レジン・トランスファー・モールディング)のような製法は採用しなかった。なぜならそれでは、我々が求める品質と機能性の基準に達することが出来ないからだ」と明言。同製法によって製造されているマクラーレンの「MP4-12C」(と、同じモノコックを採用すると見られる「P1」)に対して、あからさまにケンカを売っている。F1におけるライバルが、市販ロードカーの世界でも火花を散らし始めた。リングサイドで観ている我々にとっては歓迎すべき事態である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング