いくつ分かる? 自動車ブランド「エンブレム当てクイズ」!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年1月4日 21時50分

いくつ分かる? 自動車ブランド「エンブレム当てクイズ」!


フェラーリの「跳ね馬」やメルセデス・ベンツの「スリー・ポインテッド・スター」をはじめとする自動車メーカーのエンブレムには、ブランドの哲学や理想が込められていることが多い。というわけで、今回は「エンブレム当てクイズ」を用意してみた。どのメーカー/ブランドのものか、お分かりだろうか?
自動車メーカーのエンブレムやロゴマークは時代によって変わるので、今回の出題の中には現在使われていないものも混ざっている。ただし、あまりにマイナーなブランドやとっくの昔に消滅した自動車メーカーは避け、現在でも比較的よく知られているメーカーに限定したつもりだ。


まずは現在の日本で買える有名ブランドから。メーカー名を消すと案外分かりにくいかも?

問1


問2


問3


問4



次は、現在の日本では正規ディーラーによる販売は行われていないが、世界的に見れば依然として大規模な自動車メーカーから。

問5


問6



こちらもかつては日本でそれなりに人気のあった輸入車ブランドだった。

問7


問8


問9


次は最近まで日本で販売されていたのだが、ちょっと馴染みが薄いかも。

問10



ここから少々難易度が上がる。ノー・ヒントで。

問11


問12


問13




解答編

答1:アストンマーティン



イギリスの高級車メーカー。社名の由来は創立者の1人であるライオネル・マーティン大尉が、イギリス・バッキンガムシャーで開催されたアストン・クリントン・ヒルクライムで優勝したことから。1914年にこの社名に改められた。創立は前年の1913年、というから今年でなんと100周年になる。エンブレムは古代エジプトで崇拝されたスカラベという黄金虫の羽根をモチーフにしたと言われている。

Gallery: Paul McCartney's 1964 Aston Martin DB5 Photos


 

Gallery: Aston Martin Vanquish Photos


 
 
答2:スマート



メルセデス・ベンツと同じダイムラー社に属する超小型車ブランド。1994年、当時のダイムラー・ベンツと時計会社スウォッチによる合弁会社として設立された「MCC(マイクロ・カー・コーポレーション)」を前身とする。ロゴ・マークは、タイヤやステアリング・ホイールを表す「円」と、スマートのこれから進む方向を表現した矢印を組み合わせ、先進性を表現しているそうだ。

Gallery: Smart forspeed


 

答3:シボレー



アメリカの自動車会社GM(ゼネラル・モーターズ)創業者でありながら社長の座を追われたウイリアム・C・デュラントが、レーシング・ドライバーのルイ・シボレーと共に1911年に創立。デュラントはシボレーを成功させてGMの株を取得し、GMの経営に返り咲く。と同時にシボレーはGMの1ブランドに。"ボウタイ"と呼ばれるロゴの由来については、デュラントがパリのホテルで見た壁紙からヒントを得たとか、新聞の広告から思い付いたとか、スイス生まれのルイ・シボレーがスイス国旗の十字を基にしたとか、諸説有り。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング