【東京オートサロン2013】トヨタの「シャア専用オーリス」出現! 可愛らしい "大佐" も登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年1月12日 15時30分

【東京オートサロン2013】トヨタの「シャア専用オーリス」出現! 可愛らしい "大佐" も登場!


1月11日に千葉県の幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2013 with NAPAC」では、トヨタが作り上げた話題の「シャア専用オーリス」が展示されている。

Gallery: Zeonic Toyota Auris for Char Aznable


 
何度かAutoblogでもご紹介したこの「シャア専用オーリス」とは、日本サンライズ制作のアニメーション作品『機動戦士ガンダム』に登場するキャラクター、シャア・アズナブルと、世界最大手の自動車会社であるトヨタによるコラボレーションによって製作されたワンオフの特装車。ぶっちゃけて言ってしまえば、トヨタが2012年8月に「オーリス」のフルモデルチェンジに合わせて仕掛けたプロモーションの一環で、「アニメのキャラクターであるシャア・アズナブルがもしこの新型オーリスに乗るとしたら...」という仮想のもとに、作品の世界観を反映させたカスタマイズを内外装に施したクルマである。プロモーションという名目に託けて、関係者の中の "好きなヒト" たちがお遊びで作った宣伝用車両に過ぎない...と誰もが思っていたのだが、今月9日になっていきなり、トヨタがこのクルマの市販化を決定した、というニュースが入ってきたから驚いた。"新会社ジオニックトヨタ社を設立..." と、アニメを知らない人にはさっぱり分からない話まで飛び出し、トヨタのエスカレートする「行為に恐怖した」のは我々の方である。



今回の東京オートサロンでは、ひょっとして「ジオニックトヨタ」という企業名で出展があるのかな、と期待してみたがそうではなかった。かといって、豊田章男社長もステージに現れるトヨタのブースで展示されていたわけでもない。"ただのニュースじゃつまらない人のためのカーブログメディア" 「クリッカー」のブースにシャア専用オーリスは置かれている。

派手なカスタムカーが並ぶオートサロン会場の中では、シャア専用とはいえオーリスだけではあまり目立たない。それでも終始人々を集めていたのは、横に置かれたモビルスーツ「ザク」の巨大フィギュアによる力が大きいようだ。多くの人がカメラや携帯電話を嬉しそうに向けているのは、圧倒的にオーリスよりもザクの方。さらにカメラマンの数が一挙に倍増した時間帯があって、何事かと思ったらシャアとよく似た衣装を纏う女性モデルの方が登場。レースクイーンとしても活躍されている七井しおりさんは、仕事というだけでなくご自身も本当にガンダムがお好きな「しおりん大佐」と呼ばれる有名なモデルさん&コスプレイヤーさんだとか。ジオニックトヨタの社員でもあるらしい。




実車のシャア専用オーリスは、マットな赤いボディ・カラーとステンシルによるマーキングだけにとどまらず、ボンネットに開けられたエア・ダクトやアルミの放熱版(?)を装着する4本出しマフラーなど、車両細部にも拘りが感じられてなかなかかっこよい。パーツ単体で発売すれば、「シャア」に関心がないオーリス・オーナーにも歓迎されそうだ。後部ドアに大きく描かれるジオン公国軍のマークと、前後に装着された黒地にイエローが眩しいエンブレムを除けば、それほど「痛い」感じはしない、のではないかと思われる。



シャア専用オーリスが展示されている東京オートサロン 2013は、13日の日曜日午後5時まで開催。自動車メーカー系ブースがある1~8ホールから少し離れた北会場なので、観に行かれる方はご注意を。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング