【東京オートサロン2013】NTTドコモが"ナイトライダー"とコラボ!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年1月15日 10時0分

【東京オートサロン2013】NTTドコモが"ナイトライダー"とコラボ!?


NTTドコモは、「東京オートサロン2013 with NAPAC」で同社が提供する"ドコモ ドライブネット"と"ナイトライダー"がコラボレーションしたブースを出展した。

会場には、GMポンティアック「トランザム」をベースとした"ナイト2000"が展示された。"ナイトライダー"は、アメリカの特撮テレビドラマであり、ナイト財団と呼ばれる民間の犯罪捜査機関が保有するドリームカーである"ナイト2000"を使って事件を解決する内容になっている。

日本では、1987年よりテレビ朝日系列で放映が始まり多くのファンを魅了した。特に"ナイト2000"に搭載される"ターボジャンプ"機能と"K.I.T.T."と呼ばれる人工知能を搭載したコンピューターがこのドラマの面白さの根幹となっている。"K.I.T.T."は主人公と会話したり、自分で考えたりすることが出来る。NTTドコモのアプリである"しゃべってコンシェル"の機能にも類似の音声認識機能があり、今回のコラボレーションへとつながったのであろう。


参考出品として、"K.I.T.T."のインジケーターをイメージしたアプリも展示された。このアプリでは、ドアの開閉、ライトの点灯、走行、エンジンスタート、ウインカー点灯などが音声認識のキーワードでできるということだ。この音声機能が進化していけば、健常者のみならず、障害を持ったドライバーのサポートにつながるに違いない。


その他にはドライブネット対応の端末のデモンストレーション展示も行われた。以前紹介したスマートフォンに装着するクレードルタイプが多数展示された。タブレット端末の種類も増え、ポータブルナビの行き着く先は通信機能を持ったスマートフォンになって行くのではないかということが印象付けられた。

最後に、"K.I.T.T."の声を担当した野島氏の音声を、"ドコモ ドライブネット"ご契約者の方に限り期間限定(1月11日~1月31日)でダウンロードできるとのことだ。"ナイトライダー"ファンの方は是非お試しあれ。

Gallery: 2013tokyo auto salon nttdocomo



【PR】カーナビの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Gallery: 2013tokyo auto salon 86robot


Gallery: 2013tokyo auto salon IMPUL


  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング