【東京オートサロン2013】会場で見付けたスーパーカーを一挙ご紹介!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年2月11日 19時30分

【東京オートサロン2013】会場で見付けたスーパーカーを一挙ご紹介!


1ヶ月にわたってお送りした「東京オートサロン2013」特集。最後は会場で見付けたスーパーカーをまとめてご紹介したい。
車高を最大90mm上げられるリフターシステムで有名なロベルタは、フェラーリが創業40周年を記念して限定生産した「F40」をなんと3台も並べていた。これなら段差のある駐車場にもノーズを擦らずに入れそう。カーボンファイバー製リップスポイラーも同社の製品。




フェラーリの現行モデル「458」をベースとする2台を並べていたのは滋賀県に本社を置くオートヴェローチェ。「SVR458」と名付けられた白いボディの「458 イタリア」は、「フェラーリならではの女性的なラインを活かしつつ、より低く、よりワイドに、そしてスポーティに」ということで開発したという。赤い「458 チャレンジ」ベースの「SVR458-R」はアグレッシブでレーシィなカスタム。


Gallery: Ferrari: Tokyo Auto Salon 2013


 
"吊しのランボルギーニ" では飽き足らない人向けにカスタムを手掛けるLB Performanceは、カーボンファイバー・ボディに敢えて金属調フィニッシュを施した「アヴェンタドール」や、つや消しワイド・ボディが迫力の「ムルシエラゴ」を出展。TWSもマット・ブラックのアヴェンタドールを展示していた。




ブームクラフトのブースには異彩を放つ多数のランボルギーニが集合。オーバーフェンダー付き「ムルシエラゴ」は豹柄、「ガヤルド・スパイダー」はピンクの豹柄。メタリックでド派手な「ディアブロ」の姿も。フロント・ウインドーには "No Lambo, No Life" というステッカーが貼られていた。



Gallery: Lamborghini: Tokyo Auto Salon 2013


 
限定500台のスーパーカー「レクサス LFA」を複数台見られるのも、オートサロンならではと言えるだろう。本家レクサスは、「2UX3J」(反転するとLEXUSと読める)を名乗り "裏レクサス" としてオープントップ仕様の「LFA スパイダー」を展示。純正装着タイヤを供給しているブリヂストンのブースには、オレンジ色の「ニュルブルクリンク・パッケージ」が。トヨタはそのレース仕様で今年もニュルブルクリンク24時間レースに参戦することを発表。そしてレクサスやトヨタ車のカスタムを得意とするアーティシャンスピリッツは、独自にカスタムした白いLFAを出展していた。




Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング