【レポート】「駐車監視員はNO!」「標識の文字が小さい!」 英国の最新交通違反事情

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年3月15日 4時0分

【レポート】「駐車監視員はNO!」「標識の文字が小さい!」 英国の最新交通違反事情


運転をする限り、スピード違反や駐車違反のチケットは常に気になることの一つ。今回は、イギリスで起きているそんな「違反チケット」の話題をお伝えしよう。
イギリス中部コベントリーを走る高速道路「M42」には、そのときの交通量によって制限速度が変わる場所があるため、制限速度は電光掲示板によって表示される。イギリスの情報サイト『The Telegraph』によると、M42で切られたスピード違反のチケットの数は、この6年間の合計で数千枚に上るという。しかし、これらのチケットは無効で罰金を払う必要がないと弁護士や専門家は提言している。というのは、同国では2002年に『Traffic Signs Regulations and General Directions』という交通標識のガイドラインが定められたのだが、M42の電光掲示板の文字は、基準よりも小さく、適切な文字サイズではないというのだ。

また、イギリスでは駐車違反の取り締まりがかなり厳しく、日本と同様、民間の駐車監視員が常に巡回し、駐車違反のチケットを切るのだが、英国南西端にあるコーンウォール州リスカードでは、ある理髪師がそれに対して抗議運動を起こしている。彼は駐車監視員が巡回し始めると、メガホンを使って、町の買い物客に車を移動するよう呼びかけた。警察がやめさせようとしたところ、彼の行動はさらにエスカレート。今度は、町中の店のオーナーたちにホイッスルを配り、駐車監視員が来たら、ホイッスルを使い注意喚起をするという運動の輪を広げているという。

当のコーンウォール州のスポークスマンは「取り締まりを行うことは非常に大切なことで、リスカードのある一部のオーナーたちがこのような行動を取ったことは非常に残念である」と語っている。

交通事情が日本と似ている英国のこの違反事情。今後も話題になるようなニュースが入り次第、お伝えしていこう。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


Gallery: 2012 Jaguar XJ Sport and Speed


Gallery: Rinspeed sQuba Concept Photos


Gallery: Battle Cross Pilot on Speed TV Photos


Gallery: Nissan Altima V8 Supercar Photos


Gallery: GrabCAD 500 Group Supercar Body Challenge Photos




Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 03 02


Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 03 01


Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 02 03


Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 02 02


Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 02 01

【レポート】「駐車監視員はNO!」「標識の文字が小さい!」 英国の最新交通違反事情

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング