アウディが、ドゥカティに続いてアルファ ロメオも買収!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年4月1日 9時0分

アウディが、ドゥカティに続いてアルファ ロメオも買収!?


先週あたりからアウディがアルファ ロメオの買収に興味を示しているという噂が聞こえて来ているが、4月1日、どうやら両社は関係者と一部の大株主を招いて、「アウディ R8」をベースにしたアルファ ロメオの新型スーパースポーツの試作車を秘密裏に公開したらしい。関係者を名乗る人物から、その画像を入手したのでご紹介しよう。
アウディから依頼を受けてフィアット相手に買収の交渉を行ったという画像提供者の話によれば、このクルマのシャシーにはアウディ R8用のアルミニウム製スペースフレームが使われ、同じアウディ傘下に属するランボルギーニから供給されたV型10気筒をアルファ・コルセのエンジニアがチューニングしたエンジンがミドシップ・マウントされているとのこと。細い無数のスポークでデザインされたセンター・ロック式のホイールは、戦前に活躍したアルファ ロメオのグランプリカーに装着されていたワイヤー・ホイールを模したものだとか。

この「アルファ ロメオ 10C 5200 プロトティーポ」と名付けられたという試作車だが、しかしどう見ても、アウディが2009年にフランクフルト・モーターショーに出展した「e-tron」に、無理矢理アルファ ロメオのグリルを取り付けたようにしか見えない。そのことを尋ねると、画像提供者は急に押し黙り、おっと誰か来たようだと言って電話を切ってしまった。

彼の話と画像の真偽はともかく、アウディによるアルファ ロメオの買収には、フィアットのポミリアーノ・ダルコ工場も含まれており、そこでアウディはアルファ ロメオ・ブランドの新型車を生産するつもりであると言われている。また、フィアットは部品メーカー、マニエッティ・マレリ社の株も同時に手放すと見られ、アウディはこれを買い取り、イタリアを拠点とする新たなR&D部門を立ち上げることを計画しているという噂もある。

イタリアの名門オートバイ・メーカー、ドゥカティに続いて、アルファ ロメオにも触手を伸ばしつつある(らしい)、アウディ。経済アナリストの多くは、アウディとフォルクスワーゲン・グループの傘下に収まれば、アルファ ロメオの将来は明るいと見ているようだが、アルフィスタの心中は穏やかでないだろう。ドイツ製の機械にイタリアン・デザインを纏ったアルファ ロメオは、魅力を増すのか、それとも失うのか...!?


(追記:写真のクルマおよびその仕様についてはエイプリルフールのジョークです。記事後半で触れている"噂"に関してはアメリカの自動車産業メディア『WardsAuto』が3月29日付けの記事で伝えています)


【PR】アルファ ロメオの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング