京商から、マツダのロータリー・エンジン搭載車ミニカー・コレクションが発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年4月2日 8時30分

京商から、マツダのロータリー・エンジン搭載車ミニカー・コレクションが発売!


R/Cカーやミニチュアカーの製造・販売で知られる京商は、本日4月2日より、ロータリー・エンジンを搭載するマツダ車を1/64スケールで再現した「京商ミニカーコレクション」第59弾『MAZDA ロータリーエンジン ミニカーコレクション』をコンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」で発売する。気になるラインアップをご紹介しよう。

Gallery: Kyosho Mazda Rotary Engine Minicar Collection


 
「京商ミニカーコレクションシリーズ」は、憧れの名車たちを1/64スケールという僅か7cm前後の小さなサイズで精密に再現したミニカー・シリーズ(一部、スケールの異なる企画もある)。2004年に第1弾が発売されて以来、豊富な車種バリエーションと手頃な価格で人気を博している。今回その第59弾として、初めてマツダ車が選ばれた。しかもロータリー・エンジン搭載車のみという、拘りのラインアップである。



独特の回転フィールから現在でもファンが多いロータリー・エンジンは、1959年に当時の西ドイツでフェリス・ヴァンケル博士とNSU社によって発明された後、その技術ライセンスを獲得したマツダが血の滲むような努力の末、世界で初めて実用化に漕ぎ着けた。以来「RX-8」が2012年に生産終了するまで、マツダは世界で唯一の量産ロータリー・エンジン搭載車を製造する自動車メーカーであり続け、現在もその開発は継続されているという。

今回京商ミニカーコレクションシリーズのラインアップに選ばれたのは、そんな50年近いマツダ・ロータリーの歴史に残るモデルの中から全部で8車種。



1967年に発売された「コスモスポーツ」は、世界初の実用・量産ロータリー・エンジン搭載車。491cc×2ローターの10A型エンジンは110ps/7,000rpmの最高出力と13.3kgm/3,500rpmの最大トルクを発生。美しいスタイルも魅力だ。



その4年後、「サバンナ RX-3」も10A型ロータリー・エンジンを搭載して登場。翌1972年にはよりパワフルな573cc×2ローターの12A型が搭載され、「スカイライン GT-R」の連勝を止めるなど、モータースポーツでも活躍した。



その後を継いで1978年に発売されたのが、リトラクタブル式ヘッドライトを採用した「SA22C」型初代「サバンナ RX-7」。アメリカでは前人未踏のIMSA(インターナショナル・モーター・スポーツ・アソシエイション)通算100勝という記録を残している。



1985年、RX-7は「FC3S」型と呼ばれる2代目へモデルチェンジ。エンジンは654cc×2ローターの13B型にツインスクロール・ターボチャージャーを装着して搭載。人気コミック『頭文字D』にも登場することから若い世代にも知られている。



そして1991年になると"サバンナ"のネーミングが外れ、代わりに当時の販売店系列名「アンフィニ」を冠する3代目RX-7「FD3S」型が登場。13B型ロータリー・エンジンはシーケンシャル・ツインターボを得てさらにパワーアップし、最終型では当時の日本車の自主規制値280psを絞り出すに至る。



その後継として、個性的な観音開き式ドア「フリースタイルドア」を採用した4ドアクーペ「RX-8」が発売されたのは2002年。エンジンは型式名こそ13Bの名前を踏襲するが、新世代に進化した「RENESIS」を搭載。自然吸気でありながら最高出力250ps/8,500rpmと最大トルク22.0kgm/5,500rpmを誇った。

これら市販車6モデルの他、嬉しい特別なモデルが2車種、ラインアップに加えられている。



「RX-500」は1970年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出展された、"幻のロータリー・スーパーカー"。レース用に製作された10A型ペリフェラルポートをミドシップ・マウントし、跳ね上げ式ドアを持つボディの後部は空力性能を重視して砲弾型にデザインされている。



そして最後の1台は、1991年のル・マン24時間レースで日本車として初の(そして今のところ唯一の)総合優勝を成し遂げた「787B」。R26B型と呼ばれる654cc×4ローター自然吸気エンジンは、9,000rpmで700psを発揮したという。



以上8車種各3色+シークレット1種、全25種類のうちいずれか1台が、開封するまで中身が分からないブラインド仕様のパッケージに入って販売される。価格は1個525円(消費税込み)。コンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」および通販サイト「カルワザオンライン」のみの限定販売となるのでご注意を(一部店舗では取り扱いのない場合もあり)。人気のシリーズなので今回も売り切れは恐らく必至。お買い求めはお早めに。

※商品写真は試作品です。実際の商品は写真と異なる場合があります。


京商「MAZDA ロータリーエンジン ミニカーコレクション」公式サイト

これまで発売された過去のシリーズはこちら

お買い求めは「カルワザオンライン」から

京商<KYOSHO>
京商ユーザー相談室:046-226-1155(13:00〜19:00 土日・祝祭日を除く)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング