14年はエンジンの供給先が様変わり! F1のウィリアムズは来季からメルセデスへ

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年6月4日 15時0分

14年はエンジンの供給先が様変わり! F1のウィリアムズは来季からメルセデスへ


F1では2014年シーズンからエンジンルールが改定され、新たに1.6リッターV6ターボエンジンが導入される。このレギュレーションの変更にともない、少しでもエンジンのコストを抑えようと、エンジンサプライヤーの変更を検討するチームが相次いでいる。
イギリスのF1チーム、ウィリアムズは、このほど現在のサプライヤー、ルノーとの契約を2年で打ち切り、メルセデスと複数年の契約を結んだと発表した。これによってウィリアムズは、2014年からメルセデス製1.6リッターV6ターボエンジンとエネルギー回生システム(KERS)を搭載し、チームが独自に開発したギアボックスを引き続き採用する。

これでメルセデスは、来季のエンジンの供給先としてウィリアムズ、メルセデス、フォース・インディア、マクラーレンの4チームを確保したわけだが、そのうちマクラーレンは、2015年からホンダと提携することを発表している。一方、ルノーは来季、インフィニティ・レッドブル・レーシング、ロータス、ケータハムに加え、今年限りでフェラーリとの提携を解消するトロ・ロッソへの供給が決まっている。フェラーリは自社チームへの供給は当然のことだが、ザウバーとの契約更新のニュースはまだ入っていない。現時点で来季の調達先が未定のマルシャは、メルセデスとフェラーリのどちらかを検討中だという。

また、マクラーレンのマーティン・ウィットマーシュCEOが、エンジンのレギュレーションの変更については、「F1にとってはサッカーの"オウンゴール"のようなもの」と苦言を呈したことも話題となっている。同氏は、エンジンの開発に技術的な制約を設けなければ結局、開発コストが膨れ上がり、予算の少ない小規模チームは非常に不利な立場に立たされるだろうと指摘している。これはエンジンそのものの変更だけでなく、14年からは燃料タンクの容量が100 kgに制限されるため、より少ない燃料でマシンを走らせられるよう、チームは回生システムを従来比の10倍まで効率化させる必要に迫られているという事情も考慮しての発言だろう。

より詳細を知りたい方は、ウィリアムズが発表したAMGハイパフォーマンス・パワートレインとの提携についてのプレスリリース(英語)をチェックしよう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】メルセデスエンジンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング