メルセデスが『グランツーリスモ6』仕様の"スーパーなコンセプトカー"を発表

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月19日 14時30分

メルセデスが『グランツーリスモ6』仕様の"スーパーなコンセプトカー"を発表




メルセデス・ベンツは17日、「PlayStaion3」用ゲームソフト『グランツーリスモ』とコラボしたモデル「AMG ヴィジョン・グランツーリスモ」の概要を発表した。
同車は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが12月5日に発売するシリーズ最新版『グランツーリスモ6』との共同プロジェクト「ヴィジョン・グランツーリスモ」のためにデザインされたもの。このプロジェクトはレーシングゲームの最高峰とされる『グランツーリスモ』の誕生15周年を記念し、GT6のクリエイター、山内一典氏が世界中の自動車メーカーやブランドに参加を呼びかけて実現したもので、ゲームのプレイヤーは各社がデザインした特別車をGT6のゲーム内で走らせることができる。

メルセデス・ベンツは他社に先駆け、この記念すべき最初の予告画像を15日、公式フェイスブックに公開し、概要を公表。さらに同モデルの1分の1スケールの実車を19日、カリフォルニア州シリコンバレーのサニーベール市で開業する同社の研究開発センターのオープニングにて披露することを明らかにした。

AMG ヴィジョン・グランツーリスモは、最高出力577hp、最高トルク81.6kgmのAMG製V8エンジンを搭載。フロントアクスルより後方にエンジンを積むフロントミッドシップで、アルミスペースフレームボディにカーボンファイバー製パーツを採用し、車重を1385kgとしている。

後輪駆動のAMG ヴィジョン・グランツーリスモは、近未来的で筋肉質なボディデザインが特徴。また、往年の名車「300SL」や「AMG SLS」と同じくガルウィングドアとなっている。ダイムラーAGデザイン統括バイスプレジデントのゴードン・ワグナー氏は同車について「エモーショナルで官能的なボディと、先進技術の完璧な融合。これをデザインに徹底して反映させた」と胸を張ってみせた。AMG ヴィジョン・グランツーリスモの姿をスケールモデルで早く確かめたいものだ。なお、同モデルの詳細はプレスリリース(英語)で確かめることができる。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー



【PR】メルセデスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>








<人気フォトギャラリー>

メルセデスが『グランツーリスモ6』仕様の"スーパーなコンセプトカー"を発表

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング