【東京モーターショー2013】会場に行かれる読者の皆様へ、ライターからひとこと。

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月23日 6時30分

【東京モーターショー2013】会場に行かれる読者の皆様へ、ライターからひとこと。


今日、11月23日からいよいよ東京モーターショーの一般公開日が始まる。これから会場に向かう読者の方も多いだろう。当日券は大人1枚1,500円。お目当てはもうじき発売になる新型車のチェックだろうか。それとも将来を占うコンセプトカー? 普段はなかなか見られない高級スポーツカー? だが、それだけで本当に、1,500円も払う価値はあるだろうか?

自動車のショーなのに、モーターショーでは展示だけ。基本的に走らない。発売前のホンダ NSXやもう買えないレクサス LFAは見るだけでもそりゃ嬉しいけれど、でも1,500円も出せば世界に1枚の名画が見られる美術展だってある。では、動かなくても「展示するだけで金が取れる」ほどのクルマはビッグサイトにあるか? あくまでも筆者の基準だが、1台はあった。ルノーのコンセプトカー「デジール」。これは是非、この機会に実車をご覧になるようお勧めしたい。写真では決して分からない、妖しい芸術的立体造形は確かにお金を払ってでも見る価値あり(これ1台に1,500円とは言わないけれど)。世界にたった1台。所有することはほぼ不可能。もちろん街では決して見ることができない。「欲しいクルマ」「乗りたいクルマ」とか、そういう次元を超えて感動、つまり感覚が動かされるクルマだった。



だがほとんどの出展車は、実物大のオモチャのクルマか、現在もしくは近い未来に街のショールームで見られるクルマばかり。東京モーターショーとは、単なる大規模なショールームの寄せ集めに過ぎなかったのかとも感じられる。確かにいち早く最新モデルに触れられたら興奮するし、一ヵ所で様々なメーカーの車種を見られることは便利だが、でも発売されてから街の販売店に足を運べば無料で見られるし試乗もできる。コーヒーだっていただける。



では何のために我々クルマ好きはモーターショーに出掛け、入場料を払うのか。会場をよく見渡していただきたい。自動車メーカーから来ているのは、クルマだけではない。そのクルマの開発に関わっている人達。彼らと会って、直接話ができる。それこそ、クルマ好きにはきっと1,500円以上の価値がある。何しろ、将来のクルマ作りに参加できる機会なのだから。



展示されているクルマはどこが気に入ったか。どこが気に入らないか。いま売られているクルマにどう感じているのか。本当に欲しいクルマはどんなクルマなのか。是非、彼らに伝えて欲しい。メーカーだってそうした声を聞くために大金を掛けて出展しているはずだから。一方的に自分たちの作ったクルマ、作っているクルマを宣伝するためであるかのような、そんなメーカーのブースがあったなら、もうその会社のことは忘れていい。どうせ大したクルマは作れないから。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング