【東京モーターショー2013】ホンダ初のF1マシン「RA271」

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月27日 10時0分

【東京モーターショー2013】ホンダ初のF1マシン「RA271」



現在開催中の東京モーターショーで、ホンダが1964年のF1世界選手権参戦のために製作した日本初のF1マシン、「RA271」を公開しているのでご紹介しよう。
アルミニウム製モノコック構造を採用したボディに220hpを発揮する1.5リッターV12エンジンと6速マニュアル・ギアボックスを搭載したRA271は、今の私たちの目からは、まるでジュニア・フォーミュラのように見えるが、当時は最先端のマシンだった。製造されたのはこの1台のみで、普段は栃木県の「ツインリンクもてぎ」内にある「ホンダ・コレクション・ホール」に収蔵されているという。1964年当時のF1がヨーロッパのチームばかりだった中、はるか遠く離れた国である日本がRA271でF1デビューを飾ったことを考えれば、いかに同マシンの価値が高いか分かるだろう。

貴重なRA271を公開したホンダの心意気に感謝しながら、高解像度ギャラリーをチェックしてみよう。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー



【PR】ホンダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>









<人気フォトギャラリー>

【東京モーターショー2013】ホンダ初のF1マシン「RA271」

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング