【みんカラオープンミーティング2013】痛車はどこまで進化するのか!?最新痛車をご紹介!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月11日 12時0分

【みんカラオープンミーティング2013】痛車はどこまで進化するのか!?最新痛車をご紹介!


"みんカラ オープンミーティング2013in山中湖"では多数の痛車がエントリーされた。痛車はラッピングだけではなくそのベース車両のカスタマイズも抜かりなく行われている。今回はその一部をご紹介しよう。



日産「スカイライン」C10型通称"箱スカ"と呼ばれる旧車を痛車にカスタマイズした車両だ。痛車は当初スポーツカーに多くカスタマイズされ注目を浴びたが、旧車まで浸透してきたということはその裾野がだいぶ広がっていることが感じられる。


こちらは、マツダ「RX-7」をヴェイルサイド社エアロで仕上げたボディに、スーパーGTに参戦しているスタディのBMWを想わせる初音ミクのラッピングを施した車両だ。

スーパーGTでの痛車はもう定番となっているので、こちらの痛車は定番中の定番と言ったところか。この車両は今回"ミント・カーラ賞"という特別賞を受賞している。


インテリアまでとことんピンクにこだわってカスタマイズされているのがスズキの「ラパン」だ。オーナーによるとアキバではなく、原宿に集まるロリ痛車という新ジャンルの車をイメージして仕上げられているとのことだ。確かにちょっと乙女チックなファンシーな仕上がり?となっている。


最後にご紹介するのが、トヨタ「アルファード」をベースとした痛車だ。上下二段式ヘッドランプのように見えるため、「ヴェルファイア」のようにも見えるがベース車両は「アルファード」とのことだ。この車両が今回痛車部門でジャンル賞を受賞した。

大柄なボディの「アルファード」の特長を生かし、定番の初音ミクをボディ全体にラッピングして仕上げられている。とにかく大面積で痛車を表現している点が高得点を得た要因だろうか?

とどまることを知らないこの痛車ブームは今後どのような進化を遂げていくのかを注目して行きたい。


【PR】オフ会への参加を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング