【レポート】ランエボの後継車にハイブリッド!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月19日 6時30分

【レポート】ランエボの後継車にハイブリッド!?



このところ、三菱というと電気自動車の開発にシフトしているイメージがあったが、ここにきてパフォーマンスを求めるユーザーにも耳寄りなニュースが入ってきた。なんと次世代の「ランサーエボリューション」のハイブリッドモデルが現在開発中だという。
うわさによると、三菱は2016年までにプラットフォーム数を12から7に、モデル数を23から13に再編成し、合理化を進めるということだが、次世代のランエボは例外扱いとのこと。ルノー・日産のプラットフォームをベースとする次期型「ランサー」(日本名:「ギャランフォルティス」)ともまったく異なる、独立したものになるという。

ランエボのハイブリッドは、この独自のプラットフォームを使い、東京モーターショーで展示されたXR-PHEVコンセプトの1.1リッター3気筒直噴ターボエンジンと、軽量バッテリーを使用した電気モーター、そしてS-AWCと呼ばれる電子制御の4輪駆動システムが搭載される見込みだ。

このモデルにランエボの名が冠されるかどうかは現在のところはっきりしないが、三菱らしいパフォーマンスを発揮するようなモデルが生まれることを期待したい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング