Honda クロス オーバーの新提案「VEZEL(ヴェゼル)」を発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月20日 18時0分

Honda クロス オーバーの新提案「VEZEL(ヴェゼル)」を発売


先頃の東京モーターショーで衆目の的となっていた「VEZEL(ヴェゼル)」が、世界に先駆け、12月19日早くも発表となった。ホンダはこのヴェゼルを、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには燃費性能まで、ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた 全く新しいクルマであり、新しいジャンルのクルマであるとする。

特長的なエッジを効かせた曲面で構成されるエクステリアは、SUVの安定感とクーペライクなスタイリングを融合することにより、感性を刺激するエモーショナルなデザインを実現しているとされ、質感にこだわったインテリアは、フロント席でクーペを思わせるパーソナルな空間を創出する一方、ホンダ独創の「センタータンクレイアウト」により、フォルムからは想像できないほど大きな荷室やミニバン並みのゆとりあるリア席を実現されているとのこと。

同じシャシーを使いながら、「フィット」よりひとまわり大きな車体は、空力や走行性能を損なわないように全高は 抑えられているが、SUVならではのアイポイントの高さが魅力となりそうで、乗車と同時にSUV感 を印象づけてくれる。
SUVをアイポイントの高さがもたらす見通しの良さで好むユーザーは多く、ここではこのヴェゼルは及第点を獲得できている。

また、外観から想像する以上にラゲッジルームは大きく、低く広くスクエアなフロアとすることで、優れた使い勝手と404Lの余裕ある荷室容量が確保され、リアシートを使用してい る状態でも一般的なゴルフバッグが3個まで積載可能といわれ、テールゲートもゴルフバッグがスムーズに積み込みやすい1,180mmのワイドな 開口幅とし、開口地上高をクラストップレベルの低さである650mmに設定。重い荷物も楽に積み降ろしすることが可能とされている。
SUVとしての使い勝手にもしっかりした配慮が見られる。



さて気になる動力性能面では、ハ イブリッド車とガソリン車がラインアップされ、 ハイブリッド車には、軽量コンパクトな1モータシステムながらモーターのみの走行を実現したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」を搭載し、1.5Lエンジンを直噴とすることにより、高出力モーターとの組み合わせでシステム最高出力112Kw(152ps)という、2.0Lエンジンに匹敵するパワーとドライビングフィールを実現。状況に応じて3つのモードを使い分けることで、27.0km/L(JC08モード)という国内クラス最高の低燃費を達成する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング