スズキ、軽ワゴンとSUVを融合させた新型軽乗用車「ハスラー」を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月24日 20時10分

スズキ、軽ワゴンとSUVを融合させた新型軽乗用車「ハスラー」を発表!


スズキは12月24日、「軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた」という"軽クロスオーバー"、「ハスラー」を発表。2014年1月8日から発売する。


東京モーターショーで注目された軽クロスオーバー

2013年の東京モーターショーに出展され、多くの注目を集めていたハスラーは、「ワゴンR」と共通プラットフォームに大径タイヤと高めの車高を採用し、「広い室内空間とワンランク上のラフロード走破性を両立」させたというスズキの新型軽自動車。さらに4WD(4輪駆動)のCVT仕様車には、滑りやすい急な下り坂でブレーキ操作なしに一定の車速を維持する「ヒルディセントコントロール」や、滑りやすい路面における発進時にエンジントルクとブレーキを制御して、空転した車輪を抑えグリップしている車輪に駆動力を集中させる「グリップコントロール」という軽自動車初の機能を搭載。SUV風のカタチだけでなく、走行性能もそれに近いものを備えていることが特長だ。

幅広い価格帯と豊富な仕様・カラー

また、消費税別では100万円を切るエントリー・グレード「A」から(税込み104万8,950円)、装備が充実した「X」グレードのターボ・4WD・CVT・2トーンルーフ仕様が税込み160万円オーバーまで、5MT、CVT、自然吸気、ターボ、前輪駆動、4輪駆動と幅広いラインアップが揃う。カラー・バリエーションもルーフ色の違いを含めると11種類に及び、しかもボディ・カラーに合わせて内装やスチール・ホイールの色までいくつか用意するという力の入れようだ。



ターボはCVTのみ

フロントに搭載されるエンジンは、スズキの最新軽自動車用ユニット「R06A」型658cc直列3気筒DOHC。自然吸気版は最高出力52ps/6,000rpmと最大トルク6.4kgm/4,000rpm、ターボ付きならそれぞれ64ps/6,000rpmと9.7kgm/3,000rpmを発生する。「エネチャージ」をはじめとする次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」の採用により、JC08モード燃費は最良で29.2km/L(ターボは26.8km/L)を記録したという。CVT車はターボも4WDも自動車取得税・重量税が100%免税。エネチャージが付かない5速MT車(自然吸気のみ)は最良で24.4km/Lに留まるが、75%減税の対象となる。

余裕ある最低地上高

車体サイズは、全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,665mm。同様のルーフアンテナを採用する「ワゴンRスティングレー」とほぼ同じだ。全高が5mm高いが、最低地上高は30mmも引き上げられ、180mmとなっている(4WD車は175mm)。なのに室内高は15mm低いだけ。スズキの方から聞いたお話によれば、これはルーフ内側のアールを工夫した成果だとか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング