マツダ、カスタマイズ・モデル5台を含む「東京オートサロン 2014」の出展概要を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月25日 20時10分

マツダ、カスタマイズ・モデル5台を含む「東京オートサロン 2014」の出展概要を発表!


マツダは、2014年1月10日〜12日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン with NAPAC」に、「アテンザ」「アクセラ」「CX-5」のカスタマイズ・モデルを参考出品すると発表。また、2013年グランダム ROLEXシリーズでGXクラス優勝に輝いた「Mazda6(日本名:アテンザ)」のレースカーも展示する。

今回のショーにおけるマツダのコンセプトは「KODO SPIRIT〜デザインが、走る歓びを、加速する〜」。「SKYACTIVテクノロジー」と「魂動デザイン」を採用した新世代モデル3車種をベースに、「マツダ デザインコンセプト」として「魂動デザインのスポーツイメージを際立たせ」たカスタマイズ車が勢揃いする。


まずはクリーン・ディーゼル「SKYACTIV-D」エンジンと6速マニュアル・トランスミッションを搭載するアテンザ「XD」の4ドア・セダンをベースにした「ATENZA SEDAN DESIGN CONCEPT 2014」。マツダデザイン部門が監修したオリジナル・エアロパーツやブレンボ製ブレーキ・キャリパー等を装備する「サーキット・トライアル仕様」だそうだ。とはいえガチガチのモータースポーツ仕様ではなく、インテリアには快適性も考慮したセミバケットシートを選び、アルカンターラなどのブラック素材で統一。アテンザ XDでサーキットを走るユーザーの要求に応えて「スペックアップと快適性を両立させた、大人のためのディーゼルスポーツセダン」だそうである。



「ATENZA WAGON DESIGN CONCEPT 2014」と名付けられたアテンザ ワゴンの方も同じくディーゼル+6速MTの「XD」に、マツダデザイン部門監修によるオリジナル・エアロパーツを装着し、標準アルミ・ホイールに切削加工を施して「品格とスポーティさを兼ね備えたスポーツワゴン」に仕立てたという。内装はインストゥルメントパネルからトランクボードにまでメタルの加飾が入れられ「上質なグランドツーリングイメージを高めた」そうだ。



一方、アクセラはこちらも1月発売予定の「SKYACTIV-D」エンジンと6速MTを搭載する5ドア・ハッチバック「アクセラ スポーツ」の「XD」グレードをベースに、サーキット・トライアル仕様」にカスタマイズした「AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」。車体にはブレンボ製ブレーキ・キャリパーに加え強化メンバーブレースを装着し、内装もフルバケットシートを装備するなど、同コンセプトのアクセラよりもこちらは少々ハード志向。エアロパーツは純正用品の「MAZDASPEED エクステリア」が選ばれている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング