【フォト&ビデオ】ドバイ警察、「マクラーレン MP4-12C」の採用を公式に発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月29日 10時30分

【フォト&ビデオ】ドバイ警察、「マクラーレン MP4-12C」の採用を公式に発表!


これまで数々のスーパーカーを警察車両として採用して来たドバイ警察は、新たに「マクラーレン MP12C」が配備されたことを公式発表。写真と動画を誇らしげに公開した。
中東屈指の繁栄を誇るドバイ首長国。その平和を守るため...だけではないと思うが、彼の地の警察には2013年内だけでも「フェラーリ FF」「ランボルギーニ・アヴェンタドール」「アストンマーティン One-77」「メルセデス・ベンツ SLS AMG」そして「ブガッティ・ヴェイロン」という多くのスーパーカーが採用されている。



今回、その「スーパー・パトロールカー隊」に加わった1台は、F1における活躍で有名なマクラーレンが手掛けた市販スーパー・スポーツカー「MP4-12C」。カーボンファイバー製モノセルの後部に625psを発生する3.8リッターV型8気筒ツインターボを搭載し、0-100km/h加速3.3秒、最高速度333km/hという性能を持つ。日本における販売価格は2,790万円。



世界で最も高い建物「ブルジュ・ハリファ」が聳えるその下で、跳ね上げ式ドアを開ける白いMP4-12Cは、濃いグリーンを用いたお馴染みドバイ警察のカラーリングで塗られている。それにしてもこの「ドバイ・ポリス」カラーは、スーパーカーに良く似合う。実はクルマのデザインに合わせてフロントのストライプなどが微妙にアレンジされていることにお気付きだろうか。この機会に是非、以下のリンクからこれまで掲載された記事をまとめてご覧いただきたい。

ドバイ警察 スーパー・パトロールカー


By Hirokazu Kusakabe

<関連動画はこちら>

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング