2013年 国内自動車メーカー低燃費カーランキング総合 ベスト5!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月1日 12時0分

2013年 国内自動車メーカー低燃費カーランキング総合 ベスト5!


2013年は、プラグインハイブリッドが2車種も登場した。そこで、プラグインハイブリッドとEVを統合してランキングをまとめてみた。プラグインEVは、エンジンがかかるとハイブリッド車の燃費となるため、このランキングでは、25km以内の走行距離を想定し、電力消費率によるランキングとした。なお、リースも含む個人が手に入れることが出来る乗用車をランキング対象としている。

第5位 電力消費率5.9km/kWhの三菱「アウトランダーPHEV」だ(価格は約340万円から)。

プラグインハイブリッド燃料消費率67.0km/L(JC08モード)、ハイブリッド燃料消費率18.6km/L(JC08モード)、EV走行距離60.2kmとなる。

ベース車両のガソリン車が15.2km/L(JC08モード)であることを考えるとプラグインハイブリッド燃料消費率67.0km/Lは驚異的な燃費だ。

ただし、ハイブリッド燃料消費率18.6km/L(JC08モード)とあまりよくないので、たまに遠出するぐらいの使い方をする人にオススメだ。電池容量が大きいため片道30kmの通勤であればガソリンを使うことなく移動でき、低燃費を維持できるだろう。

三菱「アウトランダーPHEV」の詳細記事はこちら。

第4位 電力消費率8.74km/kWhのトヨタ「プリウスPHV」だ(価格は285万円から)。

プラグインハイブリッド燃料消費率61.0km/L(JC08モード) 、ハイブリッド燃料消費率31.6km/L(JC08モード)、EV走行距離26.4kmとなる。

ベースのプリウスのハイブリッドの燃費がG、Sグレードで30.4km/L(JC08モード)であるから、さらに大容量の電池を積んでいてハイブリッド燃料消費率31.6km/L(JC08モード)を達成しているのは立派だ。

「アウトランダーPHEV」と比べると、EV走行距離は半減するが近所の買い物程度の使用がメインであればこの容量でも充分だろう。




第3位は、電力消費率8.77km/kWh (交流電力量消費率114Wh/kmから換算)の日産「リーフ」だ(価格は約299万円から)。

残念ながら、この1年では電費性能は上がっていないが、日産の施策として2013年下期に700台の急速充電器を日産ディーラーに新たに設置するなどして、航続距離の不安感を解消する方向も強化している。

販売台数は、当初の目標販売台数には及ばないものの、国内では3万台を超え、なんと、ノルウエーでは2013年10月に716台を販売し、同国の月販自動車販売台数トップとなっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング