【ビデオ】「家を売り払ってでも買う価値がある!」 ジェイ・レノが「シンガー911」に試乗!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月6日 16時0分

【ビデオ】「家を売り払ってでも買う価値がある!」 ジェイ・レノが「シンガー911」に試乗!


米の人気司会者ジェイ・レノの車番組『Jay Leno's Garage』に、ポルシェのレストアや改造を専門とするSinger Vehicle Design社が手がけた「シンガー911」が登場したのでご紹介しよう。
1960年代に誕生した初代ポルシェ「911」をモチーフとしたデザインが特徴的なシンガー911。シャシーは89~93年に生産された964型をベースにしている他、カーボンファイバーのボディパネルを採用している。フロント部分はキルト加工のレザーを施した燃料タンクとカスタムメイドのラゲッジセットが収まっている。またパワートレインには、最高出力350hpを発揮するコスワース社製の3.8リッターエンジンを搭載している。

20分超のビデオでは、クリエイティブディレクターのロブ・ディキンソン氏がエクステリアからパワートレイン、インテリアに至るまで911シンガーの魅力をたっぷりと解説している。また、レノがハンドルを握ってテストドライブに繰り出しているが、番組の最後には「家を売ってでも買った方が良い」と太鼓判を押すなど、このクルマの出来を高く評価した。それでは早速、映像をチェックしてほしい。


<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング