【東京オートサロン2014】学生が作った「ピンククラウン」にそっくりな「クラーガ」とは!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月13日 11時0分

【東京オートサロン2014】学生が作った「ピンククラウン」にそっくりな「クラーガ」とは!?


自動車に関する専修学校である東京自動車大学校は"東京オートサロン2014"に一見すると「ピンククラウン」にしか見えない「クラーガ」なる車両を出展した。このクルマの正体はいかに!?



フロントから見ると現行のトヨタ「クラウン」にしか見えなかったクルマが後ろから見ると先代の日産の「フーガ」になっている。

つまり、「フーガ」をベースに、フロントのフェイスを「クラウン」変えたので「クラーガ」というわけだ。


CROWN+FUGAで「クラーガ」という名前は、学生が命名したということだ。エンブレムも"CROUGA"に変えられている。

「クラウン」ハイブリッドを意識したのか、日産のエンブレムもブルーのタイプに変更されているのも小技が効いていて面白い。


「フーガ」を「クラウン」に変更するにあたってのデザインポイントとしてはフロントフェンダーあたりになってくると思われるが、ちょっとしたエアダクトも加えられ、スポーティーかつ自然な仕上がりにデザインされている。


インテリアも「クラウン」を意識して変更されたとのことだが、こちらはあまり「クラウン」ぽさは出ていないようだ。ただし、全体的な質感は高まっている。

ここまでの仕上がりで出来るのであれば、本当に「フーガ」ベースで「クラウン」を作ってしまっても買いたいユーザーがいるのではないかと思われる出来栄えだ。そこで、説明員に費用を確認したところクラウンの純正部品だけで70万円ぐらいかかっているとのこと。

出展車両の中には、クオリティーの低いものも見受けられるが、学生でこのレベルに仕上げられるという技術力には脱帽だ。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング