【東京オートサロン2014】 トヨタ、GAZOO Racingでニュルブルクリンク24時間レースに今年も参戦!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月16日 19時5分

【東京オートサロン2014】 トヨタ、GAZOO Racingでニュルブルクリンク24時間レースに今年も参戦!


トヨタ自動車の豊田章男社長自ら「モリゾウ」の名前で代表を務めるGAZOO Racing(ガズー・レーシング)は、1月10日に開催されていた東京オートサロン 2014 with NAPACの会場で、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦体制を発表。今年は「レクサス LFA」「トヨタ 86」に加え、LFAをベースに将来のスポーツカー造りを見据えて製作されたという開発車両「コードX」の3台で挑む。



専門のレーシング・チームではなく、トヨタ社員が中心となってレース参戦を続けるGAZOO Racingのニュルブルクリンク24時間レース挑戦は今年で8年目。レクサス LFAは市販モデル発売を前にした2010年と、そしてもう一度2012年にクラス優勝を遂げている。しかし、モリゾウチーム代表によれば「今年の2台は、これまでと意味が全然違う」とのこと。お馴染み白地に赤と黒のGAZOO Racingカラーを纏った48番のレクサス LFAは、「今までの、継続的に毎年ベターを望んで、よりよいクルマにしていくんだと」改良を続けている車両。今年は空力を見直すことで最高速度が向上しているそうだ。担当ドライバーは木下隆之選手、石浦宏明選手、大嶋和也選手。



そしてもう1台、ボディに「マイスター・オブ・ニュルブルクリンク」の頭文字をあしらった53番を付けたLFA2号車は「コードX」と呼ばれている開発車両だそうで、ホイールベースを195mmも延長し、「1LR-GUE」V型10気筒エンジンは排気量が4.8リッターから5.3リッターに拡大されているという。全長は48号車より255mmも長くなっている。トランスミッションも新設計されており、シェイクダウンを担当した石浦選手によれば、「シフトのスピードがこれまで以上に速くなっている」とのこと。さらに排気量が増えたことから「トルクが増えていて使えるバンドが広くなっている」ので、「ニュルみたいなサーキットだと走りやすくなるんじゃないかな」と感じたそうだ。「それプラス、ホイールベースが変わったりしてクルマが安定している」という。信頼性に問題さえなければ、これまでのLFA以上に高い戦闘力を発揮しそうだ。

決勝レースでこのコードXのステアリングを握る予定の飯田章選手によると、開発の狙いは「この先を見据えたクルマ作りをするベースになっていく」ことであるという。「スタッフみんなで勉強していき、将来の量産車にフィードバックしていける、アンテナ的存在になれたらいい」と語っていた。モリゾウ氏こと豊田社長によれば「"式年遷宮"のスポーツカー作り、その20年先を見ながら、毎年、より深めていこうという、そのスタート」であるという。"LFAの次"のスーパースポーツ誕生を期待させる開発車両の活躍が楽しみ。飯田選手の他に脇坂寿一選手と井口卓人選手が乗る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング