【北米国際自動車ショー2014】インフィニティ、「Q50 オールージュ コンセプト」を世界初公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月16日 15時30分

【北米国際自動車ショー2014】インフィニティ、「Q50 オールージュ コンセプト」を世界初公開!




先日、画像や詳細をお届けしたインフィニティ「Q50 オールージュ コンセプト」が13日に開幕した北米国際自動車ショーで初披露され、会場の注目を集めている。
日産の高級車部門、インフィニティは長期的に米国以外の市場も意識したラインナップを強化し、世界展開していくことを目標としている。そこで数年前にドイツ車に対抗する高性能ブランド、インフィニティ・パフォーマンス・ライン(IPL)が立ち上げられたが、その第1弾となった「G37 クーペIPL」は、外観と価格が性能に見合うものではなかった。しかし、その反省がQ50 オールージュコンセプトには十分活かされたようだ。

同コンセプトモデルは、新型プレミアムスポーツセダン「Q50」(日本名:日産「スカイライン」)をベースとしている。標準のQ50より20mmワイドなカーボンファイバー製ボディは、インフィニティとレッドブルが共同開発したF1マシン「RB9」にインスパイアされたというだけあって、かなりアグレッシブな印象だ。低めのサスペンションにより、スタンスも改良されている。

パワートレインについて、インフィニティ代表のヨハン・デ・ナイシェン氏は「Q50 オールージュコンセプトの生産モデルを作るとすれば、過給器付きのV型エンジンを搭載し、最高出力500hp、最大トルク82.9kgm以上の性能になるだろう」と述べ、生産化の可能性をほのめかした。Q50 オールージュコンセプトの詳細はプレスリリース(英語)で確かめることができる。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング