ハイブリッドも登場! トヨタの「ヴォクシー」「ノア」がフルモデルチェンジ!(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月20日 19時20分

ハイブリッドも登場! トヨタの「ヴォクシー」「ノア」がフルモデルチェンジ!(ビデオ付)


トヨタ自動車は20日、「ヴォクシー」ならびに「ノア」をフルモデルチェンジして発売。待望のハイブリッドも設定された。

3代目となるヴォクシー/ノアのデザイン・コンセプトは「EMOTIONAL BOX」。5ナンバー・サイズの限定された外形寸法の中で「個性豊かな表情と魅惑的な印象を備えた力強いハコ(箱)を追求」したという。ヴォクシーは「ヘッドランプと連続する上下二段構成のフロントグリルで、独自の美意識を徹底した"毒気"のあるカッコよさを追求」し、ノアは「ワイド感とフロントマスクの厚みで、ミニバンの王道を行く"堂々感"を表現し、クラスを超える存在感を追求」したそうだ。



室内スペースも一層改善され、ダッシュパネルより後方のボディ骨格を一新した、新開発の低床フラットフロアの採用により、「低くステップのない乗り込みによる卓越した乗降性、使い勝手の良い荷室を実現」したという。ホイールベースが25mm延長されたことや、シート形状の工夫などにより、2列目、3列目シートの膝周りスペースは140mmも拡大されたそうだ。また、全高が25mm低くなっているにも拘わらず、低床化により室内高は60mmも増えている。



パワートレインは、最高出力152ps/6,100rpm・最大トルク19.7kgm/3,800rpmを発生する2.0リッター直列4気筒「3ZR-FAE」型エンジンと、クラストップレベルの変速比幅を実現したという新開発の「Super CVT-i」の組み合わせによって、JC08モード燃費最高16.0km/Lを達成したガソリン車に加え、「プリウス」譲りの1.8リッター直列4気筒+電気モーターによるハイブリッド・システム「リダクション機能付きTHS II」搭載車を設定。「このクラスでは圧倒的な」JC08モード燃費23.8km/Lを記録したという。ニッケル水素バッテリーは前席下に配置されているため、居住空間や荷室容量は十分確保されているそうだ。システム全体で136psを発生するスペックはプリウスと変わらない。



全長4,695mm × 全幅1,695mm × 全高1,825mmというサイズ(標準仕様の前輪駆動モデル)は、先代より10mm長く、25mm低くなった。7人乗りと8人乗りが設定され、前輪駆動の他に4輪駆動も用意される(ハイブリッドは7人乗り・前輪駆動のみ)。7人乗り仕様車の2列目シートには、「横スライド機構とワンタッチスペースアップサードシートの組み合わせで超ロングスライド(スライド量810mm)を実現したクラス初のキャプテンシート」が備わる。先代まで設定されていた5人乗り仕様はなくなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング