【ビデオ】ジェイ・レノが7年かけてレストアした1957年型ポルシェ「356Aスピードスター」に試乗!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月21日 17時0分

【ビデオ】ジェイ・レノが7年かけてレストアした1957年型ポルシェ「356Aスピードスター」に試乗!


先日、米の人気司会者ジェイ・レノの車番組『Jay Leno's Garage』に登場したポルシェ「シンガー911」をご紹介したが、今回は巧みにレストアされた1957年型ポルシェ「356Aスピードスター」が同番組に登場したのでお伝えしよう。
今回のエピソードのタイトルは「1957 Porsche 356A Outlaw」。"outlaw(アウトロー)"とは、年代の合った純正部品を使用する正統派のレストア以外の方法でレストアされたことを指している。この356Aは、ミシガン州のチャック・オレニクさんが自宅のガレージで、7年以上にわたり2000時間もの労力をかけてレストアしたもの。レストアする前は、フロアの損傷が激しく、ルーフがかろうじて車体を保っているような状態だったという。オレニクさんは1990年代に1000ドル(約10万円)でボディとシャシーのみのこのクルマを売ろうとしたが買い手がつかず、レストア作業もサビの修復だけで500時間を費やしたそうだ。

生まれ変わった356Aは、控えめにチューンした「912」のエンジン、「356B」のトランスミッション、「356C」のブレーキを搭載。さらに「911」に装着されていたフックス社製ホイール、インターメカニカ社が製作したスピードスターのレプリカモデルのルーフを使用しているという。オレニクさんの見事なレストアに感心しきりのレノは、テストドライブで同車のハンドルを握り、115hpでも十分パワフルな走りと爽快なエンジン音を満喫したようだ。

それでは早速、レストアの詳細と試乗の様子が収められた映像をチェックしてみよう。

<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング