【ビデオ】山手線のラッシュなんて目じゃない!? キューバの超満員バス

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月23日 8時30分

【ビデオ】山手線のラッシュなんて目じゃない!? キューバの超満員バス


つい最近、国内での新車の売買が解禁されたキューバ。しかし、新車のプジョー「508」が26万2000ドル(約2730万円。日本での販売価格の約7倍。政府が高額な間接税を課しているためと言われている)するなど、平均月収が20ドル(約2100円)という一般市民にとって車を所有することは、夢のまた夢。そのためキューバでは多くの人々が公共の交通機関を利用しているが、どうやらその混雑ぶりはハンパではないようだ。
この映像はキューバの首都、ハバナの公共バスの様子をとらえたもの。まるで軍隊の輸送車のような形をしたバスが、溢れんばかりの人々を乗せて発車しようとしている。 ドアも閉まらない状態で、車内の乗客が不快なことはもちろん、ドア付近の乗客にとってはかなり危険な状態だ。このビデオを見ていると、バスや地下鉄で誰かの隣に座るだけでも不平不満を言いたくなる我々にとっては、"徒歩"が一番いい選択に思えてくる。

それでは世界一不快であろうバスの様子を早速見てみよう。


<関連動画はこちら>

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング