【東京オートサロン2014】初出展のメルセデスがAクラスの限定車を初公開!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月23日 12時0分

【東京オートサロン2014】初出展のメルセデスがAクラスの限定車を初公開!!


メルセデス・ベンツ日本は、"東京オートサロン2014"に初出展し、その目玉として、Aクラスの特別仕様車である「A45 AMG 4MATIC PETRONAS Green Edition」を初公開した。



「A45 AMG 4MATIC PETRONAS Green Edition」は、360PSを誇る世界一パワフルな量産4気筒ターボエンジンを搭載した「A45 AMG 4MATIC」をベースに、熟練のマイスターにより手作業で1台ずつ仕上げられるメルセデスAMG社のカスタムオーダープログラム"AMGパフォーマンススタジオ"が初めて手掛けた特別仕様車だ。


エクステリアは、特別仕様車専用のエアロパーツ(フリック、リアスポイラー)および19インチAMGマルチスポークアルミホイールを装備し、個性的で存在感のある仕上がりになっている。


さらに、AMGパフォーマンススタジオの特別プログラムで、フロントマスク各部、ドアミラー、リアスポイラー、ヘッドライトユニット、ホイールハブキャップなど細部に至るまで「MERCEDES AMG PETRONASFORMULA ONE」に採用されているグリーンカラーのスペシャルペイントが施され、また、フロントバンパー、サイドには大胆なデザインのデカールが採用されている。


一方、フロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラー、リアディフューザーなどにハイグロスブラックが採用され、全体的な印象を引き締めている。


インテリアもエクステリア同様、AMGパフォーマンススタジオの特別プログラムにより、ステアリング、ダッシュボード、メーターパネル、クライメートコントロールのエアアウトレットなどがグリーンカラーでペイントされているほか、ステアリング、ドアパネル、アームレスト、フロアマットなどにはグリーンのステッチが施されている。


さらに、「A45 AMG 4MATIC」としては初めて、インテリアトリムにカーボンファイバー素材が採用された。また、AMGアファルターバッハエンブレムのエンボス加工を施したAMG E-SELECTレバーやAMGのロゴをあしらったドアロックピンを特別装備し、クラフトマンシップ溢れるエクスクルーシブな室内空間に仕上げられている。

なお、発売は6月からで、限定30台となる。気になる価格は970万円(消費税8%込)と簡単には手が届かない価格帯だが、価格以上の価値ある仕上がりになっているので興味がある方は公式HPをチェック。

公式HPはこちら。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング