【ビデオ】ジャスティン・ビーバーがランボルギーニ「ガヤルド」を飲酒運転して逮捕

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月27日 10時30分

【ビデオ】ジャスティン・ビーバーがランボルギーニ「ガヤルド」を飲酒運転して逮捕


米のスーパーアイドル、ジャスティン・ビーバーが、現地時間の1月23日未明にDUI(アルコールや薬物の影響下での運転)などの容疑により米フロリダ州マイアミビーチで逮捕された。
米芸能専門サイト『TMZ』によると、ビーバーはランボルギーニ「ガヤルド」に乗って公道でドラッグレースをしていたところを警察に制止され、その場でのアルコール検査により飲酒運転が判明。さらに、ポケットから手を出すことを拒んで逮捕に抵抗しただけでなく、運転免許証が失効していたことも明らかになったという。

また各メディアの報道によると、事件当時ビーバーとレースをしていたラッパーのカリルもDUIの容疑で逮捕されており、彼が運転していたのはフェラーリ「スクーデリア・スパイダー16M」とみられている。『TMZ』が目撃者から入手した映像を見ると、ビーバーの運転するランボルギーニがファンに囲まれており、その後停止した同車の近辺に警察官が集まっている様子が確認できる。

なお、今回の事件に関わったランボルギーニとフェラーリは、ビーバーやカリルの所有車ではなく、2台ともマイアミに拠点を置く高級車専門レンタカー会社、Lou La Vieが所有するレンタカーだったと報じられている。ビーバーとカリルは、すでに保釈金を支払って保釈されているとのことだ。


By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング