シトロエン、マットなブラック&ゴールドの限定車「DS3 Racing MAT GOLD」を日本でも発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月4日 18時30分

シトロエン、マットなブラック&ゴールドの限定車「DS3 Racing MAT GOLD」を日本でも発売!


プジョー・シトロエン・ジャポンは4日、マット(艶消し)ペイントが特徴的な「DS3 Racing MAT GOLD」を発売。シトロエン・レーシングがチューンした20台限定のスペシャル・モデルだ。

DS3 Racing MAT GOLDは、シトロエンのコンパクト3ドア・ハッチバック「DS3」をベースに、モータースポーツ部門「シトロエン・レーシング」がエンジン、足回り、 内外装に手を入れた限定モデル。2011年9月に販売された「DS3 Racing」の第2弾ということになる。

黒とオレンジ色が精悍な 2011年モデルに対し、今回は「MAT GOLD」の名前通り、シトロエンとしては日本初導入となるブラックのマット・ペイントをボディ・カラーに採用。さらにルーフやフロント・フェイス、18 インチ・ホイール、そしてダッシュボードは、世界ラリー選手権を戦う「シトロエン・トタル・アブダビ・ワルドラリー・チーム」の参戦車両を思わせるマット・ゴールドで彩られる。



ターボチャージャーやECU、エキゾースト等に専用チューニングが施された1.6リッター直列4気筒エンジンは、ベースとなった「DS3 Sport Chic」の最高出力156ps/6,000rpm・最大トルク24.5kgm/1,400-3,500rpmから、それぞれ207ps/6,000rpm・28.0kgm/2,000-4,500rpmへ大幅アップ。専用ダンパーとスプリングを組み込んだサスペンションは、車高が10mmローダウンされるだけでなく、トレッドも30mm拡大。ブレーキも4ピストン・キャリパーと大径ディスク・ローターによって強化されている。

マット・ブラック塗装が施されたボディには、フロントスカート、前後フェンダー、サイドスカート、リアバンパーアンダープロテクター、サイドモールディングにカーボンファイバー製パーツを装着。ルーフはマット・ゴールドで塗り分けられ、「2001年から140戦中80勝」とWRCにおけるシトロエン・レーシングの戦績が誇らしげに描かれたステッカーが貼られる。



インテリアでは、センターコンソールやドアハンドルベース、ステアリング・ホイールなどにカーボンファイバーを使用。バックレストに「シトロエン・レーシング」のロゴが入ったアルカンタラ/テップレザー表皮の専用スポーツシートが装備される。渋く眩しいマット・ゴールド仕上げのダッシュボードにもルーフと同じグラフィックが描かれ、運転席左上の天井にはシトロエン・レーシングの専用プレートが付くという。



ハンドル位置は右、6速マニュアル・トランスミッションのみの設定で、価格は380万円(消費税込み)。最初のDS3 Racingより20万円ほど高いのは、マット・ペイントの特別塗装費と思えば仕方なしといったところだろう。無邪気にさえ思えるステッカー・チューンやカーボンファイバーによるドレスアップを施しながらも、単純にラリーカー・レプリカにはせず、大人っぽいシックな雰囲気にまとめるシトロエン独自のセンスには感心させられる。前回買い逃した方はお早めに、お近くの正規ディーラーまで。


シトロエン公式サイト:

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング