1300万円のアストンマーティンが愛犬にかじられボロボロに! そのちょっと泣ける理由

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月8日 9時0分

1300万円のアストンマーティンが愛犬にかじられボロボロに! そのちょっと泣ける理由


"飼い犬に手を噛まれる"ならぬ、"飼い犬に愛車をかじられる"というニュースが入ってきたのでお伝えしよう。
イングランド南西部のサマセットに住むロイストン・グリムステッド氏(42才)の愛車は、お値段13万ドル(約1319万円)のアストンマーティン(旧型の「DB9 ヴォランテ」)。ある日、仕事から帰った同氏は愛車のホイールアーチがボロボロになっているのを発見。なんと愛犬ルースにホイールアーチをかじられていたのだ。

ルースはボーダーコリーとスパニエルのミックス犬(4才)。「普段は人なつこくて、これまでに本気で何かに噛みつくなんてことはなかった」と話すグリムステッド氏だが、その原因について思い当たるところがあるようだ。グリムステッド氏はルース以外にも数匹の愛犬を飼っているが、かねてからルースは他の犬たちとそりが合わず、同氏は新しい飼い主を探していたという。「よそにもらわれる気配を敏感に感じ取ったのかもしれない」と同氏は振り返った。

ちなみにこの騒動の後、ルースには新しい飼い主が見つかったようだ。さらに地元ブリッジウォーターのニュースサイト「Bridgwater Mercury」によると、クルマの損害も保険会社が補償してくれるとのこと。しかし、これに懲りて、今後グリムステッド氏は毎日アストンマーティンで出勤することになりそうだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング