【ビデオ】放映料だけで約12億円! 今年のスーパーボウルに賭けたマセラティ

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月20日 10時30分

【ビデオ】放映料だけで約12億円! 今年のスーパーボウルに賭けたマセラティ


毎年、全米で大きな注目を集めるアメリカンフットボールリーグ(NFL)の王座決定戦、スーパーボウル。試合の合間に放映されるCMの放送料はケタ外れに高額で、30秒バージョンのCMで400万ドル(約4億円)にも上るという。マセラティは、今年のスーパーボウルで新型セダン「ギブリ」を披露するために90秒のCMを放映した。つまり放映料だけで1200万ドル(約12億円)という計算になる。
米自動車ニュースサイト『Automotive News』は、昨年の米におけるマセラティの販売台数が1万5,400台だったことから、マセラティが1台を販売するためにCMにかけた費用は700ドル(約7万円)以上と算出。しかし、今回このスタイリッシュなCMを放映したことには、それだけの価値があったといえるだろう。CM放映直後、インターネット上で「マセラティ」と「ギブリ」というワードの検索数が急上昇したからだ。CMを放映する前からマセラティが目標として掲げてきた記録的な売上台数の達成にもプラスに働きそうだ。

最高マーケティング責任者であるサード・シハーブ氏は、「スーパーボウルのような幅広い人たちに向けてお披露目できる機会こそ、ギブリには相応しい」と話す。米では6万7000ドル(約686万円)からというギブリの価格は、これまでのマセラティ車には例がないほどお手頃な価格となっているため、より多くの人にPRできる機会を重視したということだろう。

それでは、スーパーボウルで放映された新型「ギブリ」の90秒バージョンCMをご覧いただこう。


<関連動画はこちら>

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング