【ビデオ】ヘネシー「ヴェノム GT」が世界最速の270.49 mph(約435.31km/h)を達成!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月27日 14時0分

【ビデオ】ヘネシー「ヴェノム GT」が世界最速の270.49 mph(約435.31km/h)を達成!





米ヘネシー・パフォーマンス社が「ヴェノム GT」の持つ最高速度の記録をまたしても更新したと発表したのでお伝えしよう。
今回たたき出された速度はなんと270.49 mph(約435.31km/h)。この挑戦は2月14日、米フロリダ州にあるアメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターで行われた。ヴェノム GTは長さ3.22マイル(約5km)あるスペースシャトルの着陸用滑走路を走行。その最高速度は英レースロジック社のVBOX GPS速度センサー(走行中の車両の速度と位置を高い精度で測定することができる)によって確認され、ブガッティ「ヴェイロン スーパースポーツ」が保持している最高速度の記録、267.81mph(約431km/h)を上回った。

驚くべきことに、最高出力1244hpのヴェノム GTは270 mph(約435km/h)という速度に達してもなお、加速し続けていたという。しかし滑走路の長さには限界があったため、ヴェノム GTがどこまで加速し続けるのか確認することはできなかったそうだ。ドライバーのブライアン・スミス氏によれば、「70mph(約113km/h)まで減速するには約0.62マイル(約1km)は必要であるため、性能を発揮できる実際の距離は約2.6マイル(約4km)しかない」とのこと。スミス氏は「速度はまだまだ伸びた。8マイル(約13km)あるオーバル(楕円)コースでの走行ができれば、もっと速度を出せるはずだ」と英BBCの人気自動車番組『トップギア』に語っている。

ただ、より速度を出せていたとしても今回の記録はギネス世界記録としては認定されないと思われる。というのも、認定には進行方向を変えた2回の走行で平均速度を算出する必要があるが、NASAは1回の走行しか許可を出さず、しかも創業者のジョン・ヘネシー氏によれば、その許可を得るための交渉でさえ2年もかかったというのだ。問題はまだある。現在ギネスの認定条件では、市販車として最低30台は生産することが必須だが、ヴェノムは29台が現在生産中、販売台数は11台にとどまっている。

それでも、「ヴェノムGT」は13.63秒で300km/h(186mph)に達するという驚異的な加速力を持つ車として、すでにギネス世界記録に認定されている。ヘネシー・パフォーマンス社の次なる目標は、世界中のコースで記録的なラップタイムを樹立することだという。

それでは、最高速度の記録をうち立てたヴェノム GTの車載カメラからの映像を含むビデオをお楽しみいただきたい。ケネディ宇宙センターで撮られた映像に、アポロ計画を宣言したジョン・F・ケネディ元米大統領の有名な演説がのせられている点にも注目だ。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング