【レポート】普通免許でOK! ハーレーダビッドソンの3輪車が日本で発売開始

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月5日 12時0分

【レポート】普通免許でOK! ハーレーダビッドソンの3輪車が日本で発売開始



ハーレーダビッドソンが、日本初上陸となるハーレー純正のトライク(三輪オートバイ)「トライグライド ウルトラ」の発売を2月1日からスタートした。
日本市場はハーレーにとって、北米に次ぐ2番目に大きなマーケット。しかし今回、発表したトライグライドは普通自動車免許で運転が可能(AT限定は不可)で、「これまでターゲットとしてこなかった膨大な消費者」が見込めるという。

また、トライクは道路交通法においては普通自動車に準ずるものとみなされ、もちろん高速道路も走行可能な上、ヘルメットの装着義務もない。これまで多くのライダーが憧れていた映画『イージー・ライダー』の世界が日本でも実現できるのだ。同社の日本市場担当者は、「(大型二輪免許を取らなくてもいいので)もっとハーレーダビッドソンを身近に感じてくれるでしょう」と発言している。トライクライドの日本での販売価格は400万4000円~となっている。

日本国内の二輪車販売台数がここ26年間、毎年減少を続けているなか、ハーレーは2013年の売上高が1パーセントの伸びを記録するなど、好調をキープしている。また、ハーレーが現在インドの工場で製造している「ストリート」が今後日本で販売されれば、日本国内の自動二輪車販売台数減少の足止めとなるだけでなく、同社の北米市場売上げへの依存度も減少することになるかもしれない。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング