【レポート】お値段1億円! ジェレミー・クラークソンが幼少期に過ごした家が売りに

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月14日 13時0分

【レポート】お値段1億円! ジェレミー・クラークソンが幼少期に過ごした家が売りに



英の人気自動車番組『トップギア』の司会を務めるジェレミー・クラークソンは、大げさな表現やおどけた表情、そして歯に衣着せぬ物言いでいまや世界的な有名人。そんな彼が幼少期を過ごした家が現在、59万5000ポンド(約1億円)で売り出されている。
英の不動産サイト『Zoopla』によると、16世紀に建てられというこの農家は、イングランド中部のサウスヨークシャー州、バーグウォリスという村にあり、居間が2室、ベッドルームが4室、バスルームが2室ある。ちなみにガレージのサイズは、奥行6.4メートル、幅3.7メートルなので、クラークソンが現在所有している何台ものスーパーカーは、納まりそうにない。

また同サイトによると、ジェレミーは"パディントン ベア"のぬいぐるみを大事にしていたという。このぬいぐるみは、彼の母親のシャーリーさんが1971年にこの家で子どもたちへのクリスマスプレゼントとして2体を作ったのが始まりだという。彼女は児童書『くまのパディントン』の作者ではないが、このぬいぐるみは今や世界的に有名だ(ジェレミーの両親はこの後、このパディントン ベアのぬいぐるみを販売し、成功する)。

それでは早速、クラークソンがパディントン ベアと共に過ごした家を、ギャラリーでのぞいてみよう。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング