【ビデオ】開幕戦を制したメルセデスF1チームのパワーユニットを3D動画で解説

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月18日 10時30分

【ビデオ】開幕戦を制したメルセデスF1チームのパワーユニットを3D動画で解説


2014年F1選手権が14日にオーストラリアGPで開幕し、メルセデスAMGペトロナスをドライブするニコ・ロズベルグが開幕戦を制した。今回は、チームの勝利を支えたメルセデス製パワーユニットを3Dビデオでご紹介しよう。
開幕に先立って行われたプレシーズンテストでも、今シーズンはパワーユニットが大きく成績を左右するとされ、メルセデス勢の優位がささやかれていた。プレシーズンでまずまずの成績を収めたフェラーリのフェルナンド・アロンソも、今シーズンは「フィニッシュすることを最優先する」と控えめなコメント。インフィニティ・レッドブル・レーシングの代表クリスチャン・ホーナーも「メルセデスのルイス・ハミルトンがライバルに2周差をつけてフィニッシュしても驚かない」と発言したばかり。メルセデスは早くも開幕戦で周囲の予想を実証してみせた形だ。

ビデオでは、話題のパワーユニット「PU106Aハイブリッド」を解説付きで紹介し、その構造と特質を説明している。1.6リッターV型6気筒ターボエンジン本体に加え、ブレーキング時の運動エネルギーを回収するユニットと、ターボの廃熱エネルギーをエナジーストアと呼ばれるバッテリーに貯めるユニットから構成される新パワーユニットは昨年のマシンに比べ、なんと33%もの燃費向上を実現しているという。

ぜひ解説ビデオでメルセデスの新しいパワーユニットについて確かめてみよう。

<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング