既に完売! 米ヘネシー社が3台限定で発売した1億円超え「ヴェノム GT」(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月28日 10時30分

既に完売! 米ヘネシー社が3台限定で発売した1億円超え「ヴェノム GT」(ビデオ付)



米ヘネシー・パフォーマンス社は、世界最速記録を持つ「ヴェノム GT」の限定モデルの発売を発表した。
昨年、0-300km/hの加速タイムで13.63秒をたたき出し、ギネス世界記録を達成したヴェノムGT。さらに今年2月のNASAのケネディ宇宙センターで行った挑戦では、270.49mph(435.31km/h)という速度をマークし、最高速度記録も更新した。ヘネシー社はこれを記念して、「ワールド・ファーステスト・エディション」のヴェノムGTを限定3台で発売した。価格はなんと約1億2790万円。残念ながら3台ともすでに買い手が付いているようで、最初の納車は今年の夏になるという。

限定モデルは、真っ白なボディの中心に赤、白、青のストライプが映える。この米国旗のようなカラーリングから、ヴェノムGTが米国を代表するスーパーカーであることを示したいというヘネシー社の気概が伝わってくる。ベースモデルと比べ、機械的な変更は特に施されていないが、そもそも変更する必要もないだろう。何と言っても0-300km/hで13.63秒を記録した時と同じ1244hp(1260ps)を発揮する7.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載しているのだ。

Autoblogの編集部は、同社の創業者であるジョン・ヘネシー氏にNASAの滑走路で行ったヴェノムGTの世界最速記録へのチャレンジについて話を聞いた。同氏は、最速記録を更新したものの、ギネス記録の認定には至らなかった理由について(※認定には進行方向を変えた2回の走行の平均速度を算出する必要がある)、こう語っている。「挑戦1日目には横風に阻まれ、2日目にはNASAが滑走路の端で火星探査機『モーフィアス』をテストしていたため、走行方向が限定されていた。我々は進行方向を変えて2回走行するつもりだったが、NASAから許可を得られなかった」

いずれにせよ、ギネス記録の認定には市販車として30台以上の生産が必須なので、2回走行していても認定されないことは同氏も理解していたようだ。ヘネシー社はヴェノムGTのデビュー時に29台生産すると発表しており、そのうち20台近くが販売された。そして、来年までには完売する予定だという。

ヴェノムGTの今後の挑戦について、ヘネシー社は世界各地のサーキットの最速記録に挑みたいとしている。候補地には、ニュルブルクリンクをはじめ、サーキット・オブ・ジ・アメリカズやラグナ・セカなどが挙がっており、「挑戦は続く」と語っている。

それでは、ヴェノムGT「ワールド・ファーステスト・エディション」について詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。世界最速の270.49mphをマークした際の映像ももう一度掲載しておくので、ぜひご覧いただきたい。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング