【レポート】北京モーターショーでBMW「9シリーズ」コンセプトがデビュー!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月11日 8時30分

【レポート】北京モーターショーでBMW「9シリーズ」コンセプトがデビュー!?



BMWが4月下旬に開催される北京モーターショーで、新たなフラッグシップ・ラグジュアリー・セダンのコンセプトカーをお披露目するというニュースが届いたのでご紹介しよう。このショーカーは将来BMW「9シリーズ」として市販化されると見られており、メルセデス・ベンツ「Sクラス」に噂されている最高級仕様「S600 マイバッハ」の対抗馬となる。
『オートモーティブ・ニュース』の欧州版が伝えたところによると、同車は、2013年5月に開催されたクラシックカーの祭典 "コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ"で発表されたBMW「ピニンファリーナ・グランルッソクーペ」(上の画像)のスタイリングを踏襲するとのこと。シャシーは"G11"というコードネームを持つ、BMW最大の新型モジュラープラットフォームを使用。これは新型7シリーズや次期ロールスロイスにも採用されると噂されている。
このプラットフォームの採用により次期型7シリーズの車両重量は5シリーズに近くなるといわれ、現行モデルとベースグレード同士を比較すると200~300kgは軽くなるらしい。次世代7シリーズのテスト走行の様子を最初にお伝えしたのは今から1年以上前になるが、新型7シリーズと9シリーズは共に2016年に販売が開始されると見られている。

残念ながら現時点ではこの9シリーズ・コンセプトについてBMWからの正式な情報はまだ届いていない。しかし、グランルッソのゴージャスな曲線美を受け継ぐBMW車が市販化されると思うと心が躍る。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング