「トヨタ パッソ」&「ダイハツ ブーン」が、ガソリン登録車トップとなる低燃費を達成!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月14日 20時5分

「トヨタ パッソ」&「ダイハツ ブーン」が、ガソリン登録車トップとなる低燃費を達成!


トヨタとダイハツは14日、軽自動車とハイブリッド車を除くガソリン登録車ではトップとなる低燃費27.6km/Lを達成した小型車「トヨタ パッソ」と「ダイハツ ブーン」のマイナーチェンジを発表。同日より発売した。


ご存じのように、トヨタの「パッソ」とダイハツの「ブーン」は両社の共同開発から生まれた兄弟車。今回のマイナーチェンジでは2010年に発表された2代目モデルに、トヨタとダイハツがやはり共同で開発したという高熱効率・低燃費の1.0リッター直列3気筒エンジンが両車に搭載された。この「1KR-FE」型エンジンは、圧縮比の向上(これまでの10.5から11.5へ)や低フリクション化、バルブタイミングの最適化を図ったほか、クールドEGR、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドを採用するなどの改良が施され、最大熱効率37%を実現。エンジンだけでなく、車体の側にも、高効率オルタネーターの採用と減速時のエネルギーをバッテリーにためる回生機能の強化、空力性能の改善による走行抵抗の低減、そして停車前に速度が9km/hまで落ちるとエンジンを停止するアイドリングストップ機能の装備など、様々な燃費向上技術(ダイハツではこれを軽自動車開発で磨かれた「e : S(イース)テクノロジー」と呼ぶ)が投入されている。

これらにより、2WD車では従来のJC08モード燃費23km/L(アイドリングストップ機構搭載車)から20%も向上した27.6km/Lを達成。エコカー減税では免税(100%減税)措置の対象となった。同じエンジンを積む4WD車(ただしアイドリングストップ機構は搭載せず)でも21.0km/Lに改善され、減税(自動車取得税60%軽減、自動車重量税50%軽減)の対象となっている。




エンジンのスペックは従来型とほぼ変わらず。排気量996ccから最高出力69ps/6,000rpmと最大トルク9.4kgm/4,400rpmを発生する。ただし最大トルクの方は発生回転数がこれまでの3,600rpmから上がっているようだ。トランスミッションはCVT(自動無段変速機)のみの設定で、ギア比は従来と変わらない。パッソだけに設定のある1.3リッター直列4気筒の方は、最高出力95ps/6,000rpm・最大トルク12.3kgm/4,000rpm、そして19.0km/Lという燃費も含め変更なし。アイドリングストップ機構も搭載されていないので、空力改善だけでは数字に表れないらしい。先日発表された1.3リッターの新しい高熱効率・低燃費エンジンは載せてもらえなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング