【ビデオ】日産が「キャシュカイ」の発音の難しさをネタにしたビデオを制作

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月17日 16時0分

【ビデオ】日産が「キャシュカイ」の発音の難しさをネタにしたビデオを制作



日本では「デュアリス」として販売されてきた日産の欧州向け小型SUV「Qashqai(キャシュカイ)」。欧米人にとっては、フォルクスワーゲンの「トゥアレグ」もなかなか発音しづらい名前だが、キャシュカイはさらに発音が難しい。そこで日産は、そんな言いにくい名前を逆手に取ったユーモラスな映像を公開した。
この映像は2代目となる新型キャシュカイのオーストラリア向けの広告。同国ではこれまで日本同様、デュアリスの名前で発売されてきたが、新型からキャシュカイが用いられる。

広告の舞台は、とあるコーヒーショップ。そこで日産がコーヒーの無料提供を行う。無料の条件は、お客が自分の名前を店員に告げること。店員はコーヒーカップにお客の名前を書くのだが、なぜか名前のスペルが必ず間違っている。お客はスペルが違っていることに戸惑うが、カップの裏には「名前のスペルが間違っている? 気にしないで、キャシュカイにはよくあることだから」というメッセージとともに、正しいキャシュカイの発音の仕方が書かれている。

キャシュカイはイランの遊牧民族の名前に由来している(トゥアレグはアフリカに住む遊牧民族の名前)。ちなみに、英BBCの自動車番組『トップギア』で司会を務めるジェレミー・クラークソンは、キャシュカイのことを"kumquat(カムクワット:金柑の意味)"と発音している。

それでは早速、ビデオでキャシュカイの正しい発音をチェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング