TRDから、マイナーチェンジされた「トヨタ ヴィッツ」用カスタマイズ・パーツが発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月22日 19時0分

TRDから、マイナーチェンジされた「トヨタ ヴィッツ」用カスタマイズ・パーツが発売!


トヨタのレースカー開発やチューニング・パーツを手掛けるTRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)は、昨日マイナーチェンジされた「ヴィッツ」に合わせて、エアロパーツをはじめとする各種カスタマイズ・パーツを追加発売した。

エクステリアでは、新型ヴィッツ用にデザインされたフロントスポイラー、サイドスカート、リヤバンパースポイラーから構成される「エアロパーツセット」(単品販売もあり)と、「テールゲートスポイラー」や「フェンダーエクステンション」といったドレスアップ・パーツが登場。このTRDフロントスポイラーにはイルミネーションも内蔵可能となっている。



インテリアは球形状の革巻きシフトノブ(MT用とCVT用があり)の他に、スポーツ・グレード「RS」のみに設定されたマニュアル・トランスミッションの操作に磨きを掛ける「クイックシフトレバーセット」も用意。RSには専用の「ハイレスポンスマフラーVer.S」も販売されている。剛性アップに効くと評判の「ドアスタビライザー」は従来型のヴィッツも含め全車に装着可能だ。12本スポークのアルミホイールはTWS製で、14インチと15インチの両サイズが揃う。




価格はエアロパーツセットが素地仕上げで9万7,000円、ハイレスポンスマフラーVer.Sは5万8,000円、ドアスタビライザーが1万5,000円、等々。アルミホイールは14インチなら1万円、15インチでも1万2,000円とお手頃だ。ヴィッツの購入を考えている方は、以下のリンクからTRD公式サイトも覗いてみてはいかがだろう?

TRD公式サイト:ヴィッツ

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング