"スバルブランドを磨く!" 富士重工業が新中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月9日 18時50分

"スバルブランドを磨く!" 富士重工業が新中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表


富士重工業は9日、新たなステージでの競争力強化と事業基盤整備を進め、持続的成長と発展を目指す新中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表した。

富士重工業では、2011年7月に2015年度までを対象期間とした中期経営計画「Motion-V」を発表し、この計画に基づき事業を推進してきた。その成果として我々が直接見て取れるものでは「米国市場を主軸とした商品開発による販売伸長」「衝突安全や運転支援システム『EyeSight』をはじめとする安全性への高評価」などがある。その他、「コスト低減活動の結実」「低インセンティブ販売の実現」「継続的な高効率生産等の取組み」などにより、同社は2013年度までにMotion-Vの主要目標を前倒しで達成できたとしている。

次の新中期経営ビジョンとして今回策定された「際立とう2020」は、富士重工業によれば「自動車メーカーとしては小規模な当社が持続的に成長していくため」に、同社が「2020年のありたい姿」を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」として掲げ、その実現に向けて「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」という2つの活動に集中し、「付加価値経営を更に進め、環境変化への耐性を高めること」に取り組むとしている。

詳しい内容は公式サイトにあるpdfファイルをご覧いただくとして、ここでは自動車部門、つまり「スバル」ブランドの今後について明示された部分をご紹介しよう。

まず同社では「スバルブランドを磨く」ために以下のような6つの取り組みを挙げている。

(1)総合性能:基本走行性能と質感に拘り、更なる安心と愉しさを追求します。
(2)安全:全方位ですべての乗員、歩行者を守る総合安全ブランドNO.1を目指します。
(3)デザイン:DYNAMIC & SOLIDをデザインコンセプトに新たなスバルらしさを表現します。
(4)環境:内燃機関対応、電動化対応の双方でトップレベルの環境性能を目指します。
(5)品質・サービス:品質・サービス面でもお客様に喜ばれる信頼のブランドを目指します。
(6)コミュニケーション:小さく個性的なブランドならではの、お客様とのより深い繋がりを目指します。

(1)と(2)、そして(3)については、すでに最新モデル「レヴォーグ」や、北米で発表された新型「レガシィ」からその意気が感じられる。スバルにとって大きなチャレンジとなりそうなのが、(4)の「内燃機関対応、電動化対応の双方でトップレベルの環境性能」を目指すということではないだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング