職人による作業の実演も見られる! 「ロールス・ロイス ザ・アイコン・ツアー」が開催

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月13日 19時30分

職人による作業の実演も見られる! 「ロールス・ロイス ザ・アイコン・ツアー」が開催


ロールス・ロイスの正規代理店であるコーンズ・モータース株式会社は、ロールス・ロイスの新しい世界観を体感できる、国内初の博覧会形式のイベント「ロールス・ロイス・モーター カーズ東京 ザ・アイコン・ツアー」を、5月16日(金)、「ザ・クラシカ東京」(港区六本木)で開催する。16時から21時までは「パブリックビュー」として一般公開され、事前にWebサイトから予約すれば無料で参加できるそうだ。

今年で創立110周年を迎えたロールス・ロイス。このイベントは、最新のブランド世界観「Cool, Modern and Luxury」をさまざまな角度から披露・紹介する、いわば"ロールス・ロイスの博覧会"。その大きな魅力の1つでもあるクラフトマンシップによる作業を実演するため、英国グッドウッドの本社から「レザー」と「ペイント」を担当する職人2名が来日し、来場者の目の前でその技を披露するという。



場内には110周年のブランドヒストリーをたどった映像やパネルが展示されるだけでなく、新世代ロールス・ロイス初のモデルとして2003年にデビューした「ファントム」のアルミニウム製スペースフレームを日本初公開。普段は優美なボディの下に隠れている「500個以上のパーツが手作業で溶接された軽さと頑丈さを兼ね備えた先進技術」を、その目で確認することができる。もちろん実車もこの「ファントム」のほか、ロールス・ロイス史上最もパワフルな最新モデル「レイス」と、「ゴースト」の限定モデル「ゴースト V-Specification」の3台が一挙展示されるとのこと。



会場となるザ・クラシカ東京の2階バルコニーにはパフォーマンス・ステージが設けられ、紀元由有さん、鈴木陽平さん、池田美佳さん3名の人気ダンサーによる創作コンテンポラリー・ダンスを、1日2回(19:20〜19:30、20:45〜20: 55)披露。優雅でモダン、アーティスティックなパフォーマンスで、"新しい「ロールス・ロイス」"のイメージを発信するそうだ。


なお、開催概要は以下の通り。

名称: ロールス・ロイス・モーターカーズ東京 ザ・アイコン・ツアー
開催日時:2014年5月16日(金)16:00〜21:00
開催場所:ザ・クラシカ東京 1階〜3階 港区六本木7丁目12−27
主催:ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京(コーンズ・モータース株式会社)
協力:ロールス・ロイス・モーター・カーズ
特別協賛:ORLANE(オルラーヌ) MHD Moet Hennessy Diageo/Johnnie Walker
入場料:無料
参加方法:事前予約制(http://www.cornesmotor.com/より応募が必要)

自動車好きはもちろん、アートやデザイン、英国文化に興味のある方は、この貴重な機会にぜひ世界最高峰の自動車芸術に触れてみてはいかがだろうか。


コーンズ・モータース公式サイト:Rolls-Royce The Icon Tour 開催のお知らせ

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング