アリエルから、550kgの車体に350hpのホンダ製エンジンを搭載する「アトム 3.5R」が登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月14日 10時30分

アリエルから、550kgの車体に350hpのホンダ製エンジンを搭載する「アトム 3.5R」が登場!



今回は、アリエルから登場した新型マシン「アトム 3.5R」を紹介しよう。
「アトム 3.5R」は「アトム 3.5」の進化バージョン。エンジンはスーパーチャージャーを取り付けたホンダ「シビック TYPE R」用の2.0リッター直列4気筒VTECを受け継ぐが、サイドポッドに新たにインタークーラーを装備し、もう一方のサイドポッドにはオイルクーラーを装着。ブースト圧を7.5psiから11psiに引き上げることで、8,400rpmで発生する最高出力は310hpから350hpに、最大トルクは32.6kgmから34.98kgmにアップしている。車両重量は僅か550kgに過ぎず、0-60mph(約96.6km/h)加速は2.5秒、6秒で100mph(約161km/h)に到達する。

トランスミッションは「アトム V8」から譲り受けたSadev製パドルシフト付き6速シーケンシャルを採用。シフトチェンジに要する時間は40ミリ秒未満だという。

オーリンズ製のアジャスタブルTTXダンパーとスプリングで足回りもアップグレードされており、アジャスタブル・リミテッドスリップ・ディファレンシャルも装備する。ブレーキは4輪ともベンチレーテッド・ディスクと4ピストン・キャリパーの組み合わせだ。

それでは、価格は8万ポンド(約1380万円)という「アトム 3.5R」をギャラリーでご覧いただきたい。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング