無限から、ホンダのミニバン「オデッセイ G・エアロパッケージ」用ハーツが登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月4日 18時0分

無限から、ホンダのミニバン「オデッセイ G・エアロパッケージ」用ハーツが登場!


ホンダ車のチューニングやレース活動で知られる無限(株式会社M-TEC)は、6月5日に発売される「オデッセイ G・エアロパッケージ」用の各種パーツを開発。同日より全国のHonda Carsおよび無限パーツ取扱店にて発売する。

オデッセイ G・エアロパッケージは、ホンダのミニバン「オデッセイ」に新タイプとして追加されるモデルで、標準仕様ともいえる「G」をベースに、大開口フロントグリルやエアロダイナミクス・カラードバンパー、エアロダイナミクス・ドアロアガーニッシュなどを装着。ホンダによれば「スタイリッシュにエアロフォルムを取り入れた」という。この新モデルのために無限では、スポーティな「アブソルート」用と同様のパーツラインアップを展開。エアロパーツやスポーツエキゾースト、スポーツサスペンションなどを発売する(下の写真は「アブソルート」)。



フロント/リアのアンダースポイラーとサイドガーニッシュで構成されるエアロパーツには、メッキガーニッシュを装着し、「上級ミニバンに相応しい重厚感も付加」したという。さらにツヤ有りブラック塗装が施されたフロントスポーツグリル&ロアグリルや、テールゲート上端に付くウイングタイプのスポイラーを用意。フロントアンダースポイラーにはLEDフォグライトとエアロイルミネーションがオプション設定されている。



スポーツエキゾーストは左右2本出し。無限リアアンダースポイラー装着車専用とすることで「エアロパーツと一体感あるリアビューも実現」したとのこと。開発には排気効率など性能のみの追求だけでなく、サウントにも拘ったそうだ。もちろん、保安基準適合の交換用マフラー事前認証制度認定品である。



ダンパーとスプリングがセットになったスポーツサスペンションは、「ドライバーのイメージ通りに反応するリニアかつ自然なハンドリング特性と、街乗りや高速道路では3列目シートを含めた全てのシートにおいてフラットで上質な乗り心地を両立」させたという。振幅感応型ダンパーを採用することによって、「低速から高速、スポーツ走行に至るまで状況に応じた最適な減衰を発揮」するそうだ。車高も20〜25mm低くなる。

「MDA」と名付けられたオデッセイ専用サイズのアルミホイールは製法に鍛造を採用。「リムにスピニング加工を施すことで、薄くしながらも高い剛性を確保し軽量化にも貢献」したという。18および19インチが用意され、通常の合計金額よりお得なエアロパーツとのセットも設定されている。



他にも、ウインカーと連動して内蔵LEDが発光する親水性広角ブルーミラーや、喚起性能が優れたベンチレーテッドバイザー、機能とデザインを両立したスポーツマットとスポーツラゲッジマットなど、様々なオデッセイ用パーツがラインアップされている。

敢えてハイパワーなアブソルート系を選ばずに、オデッセイの外観や足回り、排気系等をスポーティに仕上げたい方へ。詳しい情報や価格については以下のリンクから無限公式サイトをどうぞ。

無限 公式サイト:「オデッセイ」

ホンダ 公式サイト:「オデッセイ G・エアロパッケージ」

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング